スポンサーサイト

    --.--.-- --
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

    青森市内へ

    2013.06.24 Mon
    五能線沿いは車通り少なくてめげそうになりました。
    暑いし足痛いし(;_;)

    それでも、20分くらいでつかまりました。
    一回通って帰りにまだいたら乗せていこうと思ってくださったらしいです。
    助かりました!!

    青森まで行くらしくラッキーでした!
    仕事の途中だったらしく、少しお仕事してるのを待ってから青森へ!

    コンビニでアイスと、



    青森にしかないらしいイギリストーストなるものをいただきました!



    その男性の方も青森にしかない事を知ったのはかなり遅かったらしいです。
    そういうのありますよね笑
    決してとても美味しいとは言えないですけど、ほっこりする味です。

    まあ、ただ食パンの間にマーガリンと砂糖を挟んだだけなんですけど笑

    ごちそうさまでした!

    山のお話を色々聞いていただいたり、車内はとても楽しかったです。オフロードバイクやっているらしく、同じ山仲間でした!

    途中でわさおの家を通るので在中してるかなと思ったんですが、わさお不在でした(;_;)残念!!

    五所川原でたちねぶたの館というものを見せてもらいました。



    中にはかなりの大きさのたちねぶたが収められていました!

    ねぶた祭り必ず参加したい!
    跳ねたい!

    青森駅まで送っていただいて、さようなら。

    ありがとうございました。

    何度この青森駅に来た事か。
    もうどこに何があるのかわかるくらい笑

    とりあえず、海沿いの広場の水道へ。





    水道でシャンプーして洗顔して歯磨いて洗濯しました笑
    人多かったけど、もうそんなの気にしないよねー。

    旅行者の男の人がいてお喋りしながらご飯。
    チキンラーメン卵なし。



    お腹いっぱいになったら眠くなってきたのでテント張って速攻寝た。

    Category:青森県 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

    白神岳

    2013.06.24 Mon
    am2:30におきて、3:00にでるつもりが4:00過ぎに起床。不覚、、、。
    急いで準備して、いざ白神岳へ!!



    山の中は白もや。
    じめじめしててどんより暗くてこわかった。

    二俣分岐


    ここからマテ山コースへ。

    特に景観も楽しめるわけでもなく黙々と高度をあげる。
    モヤがかかって神秘的な森。



    写真だと素晴らしさが伝わらない(;_;)

    水場もあったので水を補給。



    さすがです!かなり美味しい水でした!

    大峰分岐までどんどん急になっていって息がきれる。
    久しぶりにこの重さの荷物を背負っての登山だったのでバテるのがはやい。

    大峰分岐で白神岳山頂方面と十二湖方面にわかれます。
    とりあえず大峰分岐に荷物デポして、身軽で白神岳山頂へ!
    足取りがかるーーい!!

    森林限界をすぎてもガスってて景色は見えず(;_;)



    高山植物もちらほら咲いてました。

    山頂の手前には立派なトイレと避難小屋。







    それからすぐに山頂です!

    ででーん!
    念願の白神岳!!



    三角点もね!



    山頂につくと少しの晴れ間が!!
    幸せー!!!ほっこり!!





    また紅葉の時期で天気のよい日にでもリベンジします!

    当初は十二湖の方に下りるつもりでしたが、体力や時間等も考えピストンに変更。
    荷物回収してさっさと下山。
    天気が回復してきて気温もあがって暑い暑い。

    途中水場で頭から水浴びて休憩。

    山の中にいるのに海が見えるという不思議。
    なんか得した気分!



    下はギンギン晴れてました。
    気分良くなってストック振り回しながら歌口ずさみながら下までおりました。

    白神岳終了!!


    足疲れたから座り込みながらヒッチハイク!!





    Category:青森県 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

    三内丸山遺跡見学

    2013.05.31 Fri
    昼頃から行動開始。

    三内丸山遺跡を見学しにいくことに。
    無料ということで助かります。









    いい天気なのでゆるゆると見学。





    いやーイイ家がたくさんありました。
    全然住める!むしろ住みたい!
    テントより全然マシですね。



    で、で、でかい。
    とにかくでかい。
    昔の人がこんなでかいのをどうやって造ったのだろうか?
    すごい。けど、つい先日、8500万年前に触れてきた私達は感動薄。笑

    それで、私はタイムリミットだったのでてっぺいに最終目的地の弘前に送ってもらいました。
    本当だったらまきのさんに乗せてもらった日に弘前についてるはずだったんだけど。
    まあ、青森観光堪能できたし、てっぺい面白かったから全然いいんだけど!

    てっぺいとは3日半くらい一緒にいたのかな?
    考え方とか面白いし、ゆるゆるだから長い間一緒にいても苦痛にはならなかったな。
    本当にお世話になりました。
    結局、私ペースの旅にしちゃって申し訳ない。
    ありがとうございました!


    弘前でバイバイして、友達の家にむかいました。
    たつやさんって言うんだけど、一年前の青森旅行の時に酔っ払って逆ナンしてから、連絡とりあって今でも仲良しなんです。
    去年の夏に一人で青森行った時にも遊んでくれて、とっても良い人です。
    笑顔が素敵なイケメンさんです。
    爽やかで和むーー。

    まあ、でも、たつやさんは仕事なので私はお留守番。
    ひたすらダラダラさせてもらいます。

    しばらく休養、というか北海道の計画をたてます。

    Category:青森県 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

    下北半島観光part2

    2013.05.30 Thu
    ウニイカ丼食べた後、恐山へ。
    この頃には天気は回復して陽射しが気持ちよかった。

    丁度一年前に友達と旅行で恐山に来た時と同じポーズで。





    懐かしい!!!ってなって、私はもう中は見てるのでてっぺいに行ってらっしゃいして、外のお食事処で昼寝して待つ事に。
    一年前青森旅行行った後、すぐにiPhoneを紛失したので写真が全部なくなってしまったので載せられないですが(;_;)

    てっぺい戻ってきて、次は大間崎へ移動。
    移動距離長い。

    本州最北端にたちましたー!!









    わーわーきゃーきゃー騒ぎました笑

    んで、目的の大間のマグロを食べに。



    これで3000円。高い(´・_・`)
    でも上手い。大トロなんて米沢牛と同じ味したよ。
    ついでに、またウニ食べた。
    カラ付きウニ。さっきまで生きてたヤツ。



    幸せ!とろける!
    ごちそうさまでした!

    そこから夕陽を見に仏ヶ浦を目指しました。
    が、仏ヶ浦は間に合わないと判断し、途中で夕陽を見る事に。
    が、しかし、雲が多くて夕陽は拝めず。
    残念。

    とりあえず仏ヶ浦目指しましたが、ついた頃には真っ暗。
    暗闇の中、林道は歩けないので断念。
    そのまま青森市内に行く事に。
    山道くねくねで思ったよりきつい。
    でも、てっぺいは優しいから寝てていいよと言ってくれました。
    お言葉に甘えて寝させてもらいまして、起きたら青森市内についていました。

    長旅ご苦労様です。
    ありがとうございました。

    Category:青森県 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

    下北半島観光

    2013.05.30 Thu
    ゆっくりめに起きて準備して出発。
    生憎の雨。

    とりあえず尻屋崎へ。

    風車かわいい



    途中で寒立馬を見ました。
    普通にいて面白かった。
    近くて興奮!
    親子かわいかったー





    尻屋崎には灯台がありました。
    牧場にこの灯台、天気がよかったら感動的だったんだろうなー


    そこから恐山に向かう途中で少し遅めの朝ご飯を食べました。
    ウニイカ丼とカキフライ。







    ウニ幸せ~(≧∇≦)

    Category:青森県 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。