スポンサーサイト

    --.--.-- --
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

    10/14一泊二日二王子岳縦走【二日目】

    2013.10.31 Thu
    さて、
    ブログ一気に更新しようと意気込んでも
    一つ更新したら力つきてしまいます、すみません、、、


    とりあえず、小笠原諸島でのアルバイト決定しました!
    12月上旬から働きます!
    それまではアルバイトしたり山登ったりしてるつもりです!





    それでは二王子岳下山といきましょう!


    夜は小屋でも寒すぎて1時間に1回は起きてしまい、よく眠れなかった。
    朝5:00に起床し、皆さん寝てるので静かに準備して
    6:00過ぎに小屋の外へ。




    うわあ、と思わず声が漏れる。
    飯豊連邦がくっきりはっきり見えました。
    何て美しいのだろう。
    本当に毎回毎回、泣きそうになる。

    朝もやに浮かぶ山々も綺麗だ。



    幸せ噛み締める。

    あ、そういえば前回の記事で二王子岳山頂の写真あげてなかったですね(^_^;)

    日本二百名山の一つ、
    二王子岳登頂 1420m




    登山してない人とかは知らないかもしれませんが
    百名山だけでなく、
    二百名山、三百名山、花の百名山etc...
    ジャンルがかなりあります(笑
    山梨百名山等、山梨だけで百以上も山はあるのです。
    こんなに山ばっかりなのに登らないでどーすんだ!!
    ってな風に思っちゃいます(笑



    っと、それは置いといて、
    壮大な景色に見とれていたら、飯豊連邦の向こうから朝陽がみえました。




    これを合図に行動開始します。
    この日の行動は二王子岳山頂から黒石山、ナリバ峰を通って、胎内ダムに下ります。



    地図の赤線は自分で書き込んだやつです。
    本当はうっすーーく破線が引いてあるくらいです。
    最近ここを通ったっていう人も全然いないっていうくらいだから
    覚悟をきめて出発!!

    山頂から黒石山方面へと初っ端から藪の中に突っ込んでいきます。



    こんな感じですね。
    三光山周辺はかなり藪が濃くて進まないし道もわかりにくい。
    右往左往しながら藪が薄い所を探して歩を進める。

    結構歩いたーと思って振り返ると



    二王子岳はまだすぐそこにいて、げんなり、、、

    見晴らしは効いていたので方角を見失う事はない。



    道もわかるところはわかる。



    でも、濃くなるとこの有様...



    まあ、でも、下は踏み跡明瞭だしなんとか...
    暑くてバテてきても右手を見れば。



    こんなデッカイもん見ながらだと不思議と頑張れる。

    黒石山手前くらいになると昔使ってたであろうロープやピンクリボン等があった。






    こんな古いロープは信用できないけど...

    途中、湿地帯にはまって足抜けなくなったり、
    踏み跡見失って山の斜面を這いつくばって登って滑って落ちそうになったりとかなり散々だった。


    なんとか黒石山にたどり着く。



    三角点とかはなく、ちょっと広くなってるところに石がゴロゴロしてるだけであった。
    黒石山で30分くらい大休憩をとる。
    あったかくて心地よくてウトウト。
    絶対人が来ないのがわかっているから心が開放される。
    大の字になって青空眺める。

    メンタルも回復したのでそこからは楽しめた~

    こ~んなところ下らせられたり(両側崖です(笑)



    黒石山から先は崩壊部分が多々あった。
    崩壊している所をおりたりは怖かった~

    で、相変わらず濃い~



    っと、大分下界が近づいたなー




    もう一息!
    と気合いれたのに、ロープある岩場で下までズドンと落ちたり
    また沼に足はまったり、滑ったり散々...(;_;)


    ここ、ここ!




    写真じゃ伝わらないだろうけど、ほとんど垂直です。
    しかも長い。


    そんなんで足元ばっかり見て歩いていたら、
    目の前にドン!と大きな松の木があらわれた。




    この木を見て、なんか気分上がってトトロ歌いながら歩いた(笑

    んで、この景色見て、




    なんか屋久島みたいだな~って思ってもののけ姫歌いながら歩いた(笑

    こうやって私の気持ちを上げるのはいっつも自然なんだよなあ。
    ほんっと敵わないよなあ。

    で、ジブリ歌ってたらライダーハウスpitでの生活思い出して泣きそうになった(笑


    だけど、この文字見てまた元気!!




    スバラシキイイデレンポウ
    コレを目にする人も年に2、3人くらいなんだよなあと思うと
    辛いけどこの道歩いてきてよかったと心から思った。


    ここからは後は下までだらだらと下りて
    ダム沿いに道があるからそこ辿って歩いてこの階段下りて終了!




    胎内第一ダム到着!



    すげーやりきった感!達成感!
    ここまで約7時間くらいかな?
    思ったより時間かかったなあ。

    ヘロヘロになりながらとりあえず奥胎内ヒュッテに向かった。
    その途中、鳥居と





    山神と書いてある石が祀られていたのでお礼を言いました。

    ふ、と下に目をやると



    (笑)
    ????になりました(笑


    この日は翌日に松の足尾根登山口から飯豊にアプローチする為、
    登山口まで行ってテント泊するつもりだったのです。
    ヒュッテから先は一般車両は侵入禁止。
    300円払ってデマンドバスに乗るか歩くかチャリか。

    300円...うん、歩くかよね。
    登山口へはヒュッテから更に歩いて1時間20分程。
    その前に奥胎内ヒュッテで一休みする事に。


    休んでいると、二王子岳の登山口で雨宿りしていた人達と再会!
    杁差岳に行っていたそうだ。
    こういう再会は本当に嬉しい。

    で、ヒュッテのオーナーさんらしき人と話して色々とよくしていただきました。
    しかも、松の足尾根まで送ってくれるというのです!
    なんとありがたいのだろう(;_;)
    お言葉に甘えて車に乗り込みました。
    二王子岳の裏から下りてきた事を話すと


    あそこは滅多に人は通らないんだよ、すごいね!


    と言っていました。
    先ほど再会した人達も二王子岳の山頂で会った人達も驚いていたのでよほどなんだろうなあ

    まあ、よほどでした(笑


    登山口についてお礼を言ってお別れ。
    本当にありがとうございました!

    まだ明るいけどテントを張ります。



    日記書いたりなんだりしていたら暗くなってきたので就寝。
    山の上ではなかったので寒くなくて良く寝れた。


    次回はいよいよ飯豊連邦縦走開始!!
    お楽しみに!


    にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
    にほんブログ村

    Category:新潟県 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

    10/13一泊二日二王子岳縦走【一日目】

    2013.10.28 Mon
    朝、5時頃起床。
    朝ごはんのパンを食べてテントをたたみ6時頃出発。

    天気は微妙…
    午後から晴れとの予想なので期待を胸に登りだす。




    ここはよく熊が出るという噂なので(実際Jが会った)
    念のため、ベアベルをつけていく。

    山と高原の地図でのタイムは登り4時間だ。
    荷物がかなり重いので通常タイム通りを予想する。
    下りるところは決めてない。
    とりあえず気の向くままに。


    登山道は歩きやすく、迷う事はないだろう。
    沢の音を聞きながら登る。




    一時間程歩くと、神子石が現れた。
    結構でかい。



    この石はまだ女人禁制だった時に山に入った女性二人の成れの果ての姿らしい。

    神子石からすぐに一王子神社がある。




    ここからすぐのところに一王子小屋がある。





    コンクリでできた薄暗い小屋だった。
    水場は神子石と一王子神社の間に一つと
    一王子小屋のところにもあります。

    二王子岳は水が豊富です。


    小屋から定高山を目指します。

    かなりのローペースだったので後から来た人に続々と追い抜かれます。
    途中猿の大群に遭遇。



    ちょっと怖かった。

    定高山到着。
    少し休憩。



    七合目付近に唯一の難所あり。



    といってもそんなに危険ではないかな。
    雨で滑りやすくなっている時は気をつけた方がいいかも?


    八合目に水場あり。
    とても美味しくて生き返った~!



    八合目から本当だったら視界が開けてくるはずだが、
    ガスっていた為に何も見えなかった。
    雲がとれる気配は全くなし。
    もうすぐで山頂という時に、昨晩の山の会の人達が下山してきた。
    もう一度お礼をいい、
    またいつかどこかの山で
    と、お別れ。


    山頂の小屋についた時はまだお昼にもなってなかった。
    とりあえず、小屋に入り休憩。
    小屋は人でごった返し。
    入れ替わりでドンドン人がやってくる。
    いろんな人とお話して、果物をわけてもらったりしました。

    そんなに人気の山なんだなあと、その時は少し不思議に思いましたが
    翌日の山頂からの景色を見たら納得しました。

    小屋にいる人達みんなが口をそろえて
    ここから見る飯豊が一番大きく綺麗に見えると言うので
    明日の天気回復にかけて山頂小屋泊する事に。


    夕方頃までお昼寝をして陽が暮れる頃、赤い光が窓から小屋の中に差し込んできた。
    外に出ると、厚い雲の下に夕陽が。



    かなり寒かったけど、長い間夕陽を眺めてました。
    夕陽と紅葉。






    飯豊連邦は上の方が雲で隠れていたけど、
    飯豊連邦にうつる影二王子。



    この景色だけでも感動。
    明日が楽しみだ!


    この日は山頂小屋に泊まったのが私の他に4人組の人達だけだった。
    寝るまで地図と睨めっこして下山するところを考える。
    二王子岳が終わってすぐに飯豊連邦にとりかかりたいので、
    廃道を通って胎内ダムに下りて松の足尾根から飯豊の稜線に出る事にした。


    4人組の人達が宴会をしている傍らにうずくまって就寝。


    にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
    にほんブログ村

    Category:新潟県 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

    10/12飯豊連邦を眺める為に

    2013.10.28 Mon
    久しぶりに実家で寝たので山の疲れはとれました。
    一日ゆっくり休養…とは行かず、次の山を目指す。


    飯豊山に登る前に、飯豊連邦を眺めに二王子岳へとむかいます。

    二王子岳は前から登りたいと思っていた山の一つで、
    今回、Jにもオススメされたので登ろうと思いました。


    地元の友達に新発田駅まで送ってもらい、
    新発田駅前で登山口の二王子神社までヒッチハイク。
    雨が降っていたおかげか、すぐに止まってくださり、
    登山口まで送ってくださいました。
    ありがとうございました。


    二王子岳は古くから信仰の対象となっている山で、
    登山口には立派な二王子神社があります。



    登山道の途中にも一王子神社、三王子神社、奥の院等があります。


    登山口についたのが14時すぎだったので登るのは明日にします。
    炊事場、テント場もあります。
    雨が降っているので炊事場の屋根の下にテントを張ることに。



    下山してきた人達が雨宿りしていたので軽くお話をする。
    この方達とは三日後くらいに偶然再会します。


    だんだん暗くなってきて、
    今日は貸切かー
    と思っていたら、大きなバンが一台。


    様子を眺めていたら、5人組のパーティだった。
    テーブルで何やら晩御飯の用意をしだしたようだ。
    一人の男性が声をかけてくださり、晩御飯をご馳走になることに。

    皆さん、関東の山の会の方達で経験豊富な大先輩だった。
    山の話をつまみにお酒までいただいてしまった。
    お鍋も美味しかった。
    大勢で自然の中で美味しい御飯を食べて、お酒を飲んで…。
    初めてお会いしたのに直ぐに打ち解けられる。
    本当に不思議だなあ、、、


    山に登るようになって激しい人見知りがなくなった。
    山に登るようになって柔らかくなったと言われるようになった。
    山に登るようになって友達がたくさん増えた。
    山に登るようになって感情を表に出すことができるようになった。


    山に登ってからは、世界が全く違うく見えるようになった。
    すべてがキラキラ輝いて見える。
    山の景色だけじゃなく、
    海や川や街や人も、見慣れた景色も真新しく飛び込んでくる。

    山じゃなくてもよかったのかもしれないけど、
    私には山だった。
    山でよかった。






    21:00くらいまで、食べて飲んでをして解散。
    沢山ごちそうさまでした!
    私のしょうもない旅の話も聞いてくださってありがとうございました!



    テントに戻り晴れますようにと祈って就寝。

    Category:新潟県 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。