スポンサーサイト

    --.--.-- --
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

    今年の山、ニペソツ山登山

    2013.08.23 Fri
    早朝、テントの中で準備をしていたら外から挨拶が。
    1人の男性が声をかけてきてくれました。

    ここまでどうやって来たか、山を登りながら日本を周っている事を伝え、次の行き先を伝えると、その方は道東在住の方で雌阿寒岳の方まで送ってくれると言うではありませんか!!


    本当はニペソツ山登って、天狗のコルでテント泊して廃道通って岩間温泉に入り、石狩岳登山口におりて石狩岳も登ろうと思っていたが、連日の雨等考えて迷っていたところだ。

    でも、そのお方、名は柴田さんに出会って迷いは吹っ飛び、次の行き先は雌阿寒岳に変更!



    とりあえず、今日の目的はニペソツ山!

    5:00頃、柴田さんと出発!





    ずっと、先頭を歩かせていただき、自分のペースで登れました。
    遅かったと思います。
    すみませんでした(,_,)





    こんな林道を長いこと歩きます。
    ふ、と後ろを見ると、通称おっぱい山が見えました。
    何故そう呼ばれているかは説明しなくてもわかりますね^_^;





    大きな岩を足場15センチ程のところをつたって通り過ぎます。





    視界がひらけました。
    でも、まだアレはニペソツ山ではありません、、




    ウペペサンケもみえました。







    天狗のコルのテン場は2張り程度。
    そこを通り過ぎ、前天狗岳へ。







    視界がまた開けました。

    右に見えるは一ヶ月前に歩いた大雪の姿。



    手前の山が石狩岳かな?
    奥が、大雪。
    忠別岳と、トムラウシが見える。


    今頃、ふーみんが歩いてるんだなあと不思議な感覚に。





    前天狗の途中でこんな物を発見。







    前天狗を通り過ぎ、1888あたり。
    携帯トイレブースがありました。




    なんとなくテント張ってあっただろう箇所がありました。
    ここに張って、朝日に染まるニペソツ山見れたら最高だろうなと思いました。


    そして、そのニペソツ山がコレ。





    奥のやつね!
    半分隠れてて残念(;_;)
    しかし、かなり迫力のある山です。
    素晴らしい山だと思います。


    ここからがきつかった~。





    途中、お花が咲く谷に癒され、





    もうちょい~




    柴田さんの声援もあり、踏ん張りきかせて、







    東大雪最高峰、独立峰、2013m今年の山、ニペソツ山登頂!


    くぅ~!!
    登りがいのある山だった!

    人と登ったからその喜びを分かち合う事ができました!
    久しぶりの感覚!


    山頂でラーメン!




    山でのラーメンはやめられん!
    うますぎるー!!


    少し山頂でまったりしてから、下山。
    来た道戻ります。

    振り返り、ニペソツにさよなら。





    最後までその全貌を見せてはくれなかった(,_,)


    そっからはさくさく下山。
    天狗のコルからが長く感じた。


    下山し終わり、お疲れ様でした!
    ずっと私のペースにあわせてくださってありがとうございました!

    久々の人との登山でかなり楽しかったです!


    やはり、1人より誰かと登った方が喜びも分かち合えるし、山飯もいつもよりうまく感じた!


    その後、柴田さんの車に乗せてもらい、東大雪自然館へ。


    目的はというと、コレ!!!







    ニペソツ山登頂証明書!
    日付と名前入りです!
    これをもらえるのは今年だけです!
    これが欲しくてたまらなかったのです。


    そして、ついでにコレも。




    ニペソツ山のピンバッジ!!
    金は600円、銀が400円。
    迷わず、金でしょ!
    コレも今年だけです!
    テンションMAX!



    それから、柴田さんに雌阿寒岳の登山口、オンネトーキャンプ場まで送ってもらいました。


    道中の足寄町のラーメン屋さんでラーメンごちそうになりました!
    ごちそうさまでした!





    それから途中で雌阿寒岳と阿寒富士が綺麗に見えるスポットによってもらいました。





    明日、アレに登ると思うと今日の疲れなんてぶっ飛んでしまいました!


    キャンプ場につき、柴田さんとはお別れ。
    一日中行動を共にしたので寂しい(;_;)
    本当にお世話になりました。
    またいつかどこかの山で!!
    ありがとうございました!






    その後、350円を払いテントを張りました。

    とてもいいキャンプ場でした。
    綺麗だし、静か。







    オンネトー湖もすぐ近くだし、




    登山口もすぐ近くだし、炉もあるし、トイレかなり綺麗だし、管理人のおっちゃんかわいいしで、文句無し!!


    いただいたソーセージを焼いてビールのおつまみにして暗くなって就寝。
    スポンサーサイト


    Category:北海道 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
    <<雌阿寒岳登山 | HOME | ふーみん見送り、ニペソツ山登山口へ>>
    name
    title
    mail
    url

    [     ]
    Trackback URL
    http://mako0816.blog.fc2.com/tb.php/97-f6236599

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。