スポンサーサイト

    --.--.-- --
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

    大雪山縦走【黒岳~裏旭キャンプ指定地】

    2013.07.19 Fri
    お久しぶりです!
    やっと大雪山縦走が無事に終わりまして一息ついているのでまとめちゃいますね。
    記憶が曖昧だったりするのでかなり端折る箇所があると思いますが、御了承ください。
    尚、このブログの情報を過信しすぎず、自分の自己判断、自己責任で山に登るようオススメします。


    それでは、一日目!





    層雲峡の野営場の駐車場にて4:30起床。

    ガスっていて天気が微妙そうだったのでこの日は登らないと決めて二度寝。
    基本的に天気が悪い日は動きません。
    7:00頃に暑くて目が覚めました。
    外を見るとカンカン照りの太陽が!!
    急いでテント撤収、荷物をつめて出発。

    時間も時間だったのでロープウェイを使ってしまおうか考えたんですが、この時全財産は900円。
    ロープウェイは五合目までで1000円です。
    足りません。
    一応、交渉しましたがもちろん断られます。笑
    しょうがないので下から歩きます。
    この時既に8:00。
    かなり遅いスタートです。

    ロープウェイ乗り場を尻目に登山口へ向かいます。



    ロープウェイ乗り場の左側を少し行くとしっかりした登山口の看板が。



    気合いいれてスタート。
    五合目までコースタイムは2時間半。
    少し急ぎます。
    登山道はあまり整備はされてないですが、迷う事はありません。
    いきなり急登登らされたり、足場が崩れてる所はありましたが気を付ければ大丈夫だと思います。

    五合目まで1時間半でつきました。
    コースタイムかなり余裕をもって記載されてるようです。



    観光客がたくさんいました。
    皆さんは五合目でロープウェイからリフトに乗り換えるようですが、五合目から七合目までリフト15分、徒歩40分。
    そりゃ、ここまできたら歩くでしょ!

    七合目まではリフトの横を登っていく感じです。
    早速雪渓が。


    ここも40分もかからずに七合目までいけました。




    リフト乗り場で団体さんにチヤホヤされたりしてから頂上目指します。
    ここから太陽に照らされてかなりバテてしまいました。

    ゆっくり、お花を見ながら






    そして、黒岳頂上!
    1984m。



    ここまで来ただけで満足感。
    まだまだ先は長いのにね。




    有名な白鳥の親子の雪渓もちらり。



    雲行きが嫌な感じ。
    今日は裏旭キャンプ指定地までなので先を急ぎます。

    北鎮岳の方をまわっていきます。

    黒岳石室でトイレ休憩。





    黒岳石室はかなりの人で賑わっていました。



    実を言うと少し汚い話にはなりますが、初日で生理がきてしまい、縦走期間と丸かぶりでした。
    女性で山登りしてる方で経験ある方はわかると思いますが、かなりつらいです。
    身体はだるく重く、いつもみたいな軽快さがなくなり、しかも荷物が多くなるしゴミも増えます。
    そして、五泊六日という事で当然お風呂には入れません。なので不快感と臭いも気になります。
    幸い生理痛は然程無い方なので具合が悪くなる等はなかったですが、生理痛が酷い人はその時に山に登られるのは避けた方が良いと思います。



    と、話がそれましたが黒岳石室をすぎてお鉢平展望台へ。





    このお鉢はぐるっとまわる事ができます。


    お鉢平展望台から北鎮岳分岐までの間に雪渓。大した事はありません。
    アイゼンつけなくても平気です。


    北鎮岳分岐にて荷物を置いて軽身で北鎮岳へ。





    北海道第二の高峰です。

    そこから中岳



    間宮岳



    とお鉢をまわります。
    途中、キツネを見かけました。
    天候はやはり、微妙。




    山地図では間宮岳にて旭岳方面へ分岐されてますが、実際に間宮岳の標識を少しすぎたあたりに分岐があります。


    その分岐を旭岳方面へ行くと裏旭キャンプ指定地があります。



    この雪渓のしたがキャンプ指定地です。
    場所がわかるか心配でしたが、オレンジ色のテントが一張あったのですぐにわかって良かったです。

    男性の方が一人できていたらしくビールを飲んでおられました。
    とても爽やかな人で神奈川に住んでいるらしく地元は北海道だそうで、地元に戻ってくる用事があったのでついでに旭岳登って黒岳の方におりるとの事。
    お話しながらとりあえずテントを張ります。




    旭岳にかかったガスがとれるのを待っていたんですが、良くなる兆しはなかったので明日の朝に期待してこの日の移動はこれで終わりです。


    雑談をしていたら、一人旭岳から雪渓をおりてくる方が。
    時間帯からしてここにテン泊だろう。

    彼は鹿児島からわざわざはるばる北海道の地にきたらしく、トムラウシまで行くそうなので途中まで一緒でした。
    山を始めてまだ半年らしいですが凄いです。


    身体が冷える前に寝袋にもぐりこみましたが、雪渓の真下でしかも中々風が吹き抜ける場所だったので陽が落ちてからかなり冷え込んで寝れなかったです。

    夏でもこの寒さとは、、さすが北海道、北の大地。


    この日の行動時間は約9時間程。


    大雪山縦走一日目終了。
    スポンサーサイト


    Category:北海道 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
    <<大雪山縦走【裏旭キャンプ指定地~忠別避難小屋】 | HOME | スープカレー>>
    name
    title
    mail
    url

    [     ]
    Trackback URL
    http://mako0816.blog.fc2.com/tb.php/69-a8b3e2c1

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。