スポンサーサイト

    --.--.-- --
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

    利尻山登山

    2013.07.15 Mon
    さてさて、日本一周の旅*山ガールがゆく*というブログタイトルのくせに、全然山登らないで、むしろ積丹の海で一週間もいて本当に山ガールかよ!と思ってる方も多々いらっしゃるかとは思います。
    申し訳ございません。
    本気出して本職?してまいりました!

    日本百名山の利尻山に登りました。





    朝、3:00起床。
    着替えて、パンを食べて3:45に出発。
    少し明るくなってきたくらい。

    野営場から登山道へと入る。



    500m程行くと甘露水がある。
    ここが最終の水場。
    ここから登り5時間、水の確保はできないので充分に補充する事をオススメする。
    八合目あたりから木の背も低くなり、直射日光にあたる事になるので水分摂取の調節も注意したいところ。

    私は1.5リットル程ハイドレーションにいれ、スポーツドリンク500㎖一本を持っていき、往復八時間で水が500㎖残ったくらいだった。
    ハイドレーションは残量がわからない為、飲み過ぎてしまう部分があるので気をつけたい。


    甘露水からすぐに三合目



    港からここまでが三合目という事か。


    ポン山、姫沼分岐



    乙女橋



    すみません、なんか渡るのに躊躇しました、すみません。

    ゆるやかに登っていって四合目、野鳥の森




    五合目に向けて登っていると朝陽が見えた。
    思わず足を止めて見とれる。



    もう雲の上。
    さらっと五合目、雷鳥の道標



    雲海が広がる。
    この雲海の下は本当の海。




    こんな感じの道を登っていく。
    そんなに急でもなく、登山道も荒れていなくて歩きやすい。

    六合目、第一見晴台




    ここで福岡から来た女性お二人とお会いしました。
    日本一周してるんです~とかってちょろっとお話して五分くらい休んでお先に行きました。


    んん?
    山の形が見えてきたぞ!



    先を急いで七合目、胸突き八丁




    ここから、八合目までが長い長い。
    かなりしんどくなった。
    八合目の前に第二見晴台。






    七合目こえた辺りからちらほらお花を見るようになってきて、第二見晴台の岩の影にイワギキョウ。




    このイワギキョウ眺めながらしばし休憩。
    一組のカップルと先程の福岡の御二方に先をこされたけど、ゆっくりまったり。
    これが一人登山のいいところ。

    大分休まったところで目指す八合目。




    八合目、長官山。




    うおーーーーー!!
    なんじゃこれ!
    さっきまで見えなかった利尻山の全貌が!!
    八合目だからもう少しじゃん!と思ってたのが間違い。
    ここからがかなりキツイ。
    でも、根っからのMっ子ちゃんなのでこの目の前にそびえるヤツを見た瞬間、ゾクゾク~♪
    久しぶりにエクスタシー。高揚。
    もう、愛してる。




    でも、足は重い^^;
    長官山を少しくだると赤い屋根の利尻岳避難小屋が。
    この避難小屋は緊急時にしか利用しないでくださいとの注意書が。





    それをこえて目指す九合目。
    登りがきつくなるけど、そこら中に高山植物が!!
    よく観察しながらゆっくり登ったのでそんなにばてなかった。

    イブキトラノオ




    アオヤギソウ



    シュムシュノコギリソウ



    エゾノマルバシモツケ



    ヨツバシオガマかな?



    これなんだろ?



    ハイマツ



    その他にもチシマフウロやエゾツツジ等たくさんの高山植物が咲いていた。
    こうやってゆっくり歩くからこそ見れるもの。
    松ぼっくりだって山に登らなかったら落ちている茶色のやつしか知らなかったと思う。
    そう考えると面白い。

    お花畑を歩く。




    そんな風に登っていたら九合目。
    九合目は九合目だけなんだ。。。



    ずーっと歩いてきたところ見えるとなんか満足感が。



    でも、まだまだ!
    九合目にここからが正念場!って書いてあった。
    確かにそうだった。
    足場が悪くて道も狭くて登るので必死で写真取り忘れた。

    しんどい思いしてようやく立ちました。
    利尻山、北峰。
    1718m




    南峰の方が少し高いらしいけど、崩落で行けないって聞いて断念。




    頂上からお花畑が見える。
    あの黄色い花はボタンキンバイかな?
    確かボタンキンバイは利尻島固有種だっけ?




    ここで電池終了。
    ギリギリもってよかった。

    頂上で、30分くらいボーッとする。
    早くに登ったから人もあんまりいなくてよかった。

    福岡の御二方と大阪のおじさんがこの後の13:00の便で礼文島に行ける!と話してるのを小耳にはさみつつ、今後の予定を考える。

    おりて野営場でもう一泊してから明日礼文島にいくか、おりた足でそのまま利尻観光するか、、、。

    おりながら考えようと思い、ゆっくり下山。
    頂上から九合目がやはり一番足場が悪く下山は滑る滑る。
    かなり慎重におりないと浮き石が落ちたりするので注意。


    八合目から下は、リズム良く下山。
    四合目のところで、福岡の御二方と大阪のおじさんに追いつき、今後の予定に迷っていると言うと、一緒に礼文島行こう!ってなったからご一緒させてもらう事に。

    まあ、利尻は利尻富士メインだし、いいか~となった。


    野営場について急いでテント撤収して、大阪のおじさんが呼んだ車で港まで乗せていってもらった。
    民宿マルゼンだったかな?そこのママさんが車も運転して迎えにきてくれたのだ。
    宣伝して!って言われたからします!

    利尻島の民宿マルゼン。
    素泊まりでお一人様でも受付してます。
    明るいママさんです。
    利尻に行かれた際は是非どうぞ~!


    ターミナルについて乗船手続きを済ませて、いざ!礼文島へ!!
    スポンサーサイト


    Category:北海道 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
    <<礼文島上陸 | HOME | いよいよ利尻島上陸!>>
    name
    title
    mail
    url

    [     ]
    Trackback URL
    http://mako0816.blog.fc2.com/tb.php/63-243d39d4

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。