スポンサーサイト

    --.--.-- --
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

    1/27 大菩薩嶺登山

    2014.02.01 Sat
    や~っと本州の山記事かけるぞ~!
    張り切っていきましょう!


    今回は日本百名山のうちの一つ、
    大菩薩嶺に単独で登ってきました。

    一応2000m越えてるのでアイゼン、ピッケル持って冬装備*\(^o^)/*


    始発で一時間半揺られて塩山駅に到着!




    塩山駅南口から大菩薩嶺登山口までバスが出ています。

    大菩薩嶺バス時刻表

    所要時間は25分程。
    片道300円。
    4月下旬頃まで上日川峠まで冬季通行止の為、バスは大菩薩嶺登山口までしか行きません。
    夏季は上日川峠までバスが通るので、2000m越えにしては簡単にピークに立ててしまう。
    冬季はこの通行止区間を徒歩で歩かなくてはならない。


    大菩薩嶺登山口バス停に降り立つ。
    降車した登山客は私の他に4名程。
    バス停から通行止のゲートのすぐ手前の丸川峠分岐の駐車場まで歩く。



    ここまでならマイカーで来ることができます。
    何台か止まっていた。
    駐車場の路面は凍結していました。
    初っ端からつるんといってしまった。笑




    このゲートの先をずっと歩けば上日川峠へと行けます。

    今回のルートはこちら↓



    丸川峠経由で大菩薩嶺、大菩薩峠から上日川峠へ行き、丸川峠分岐まで戻るというグルっと一周してきました。

    またスタートの丸川峠分岐まで戻ってくるので余計な荷物を駐車場にあるベンチに置いていく事に。



    天気は晴天で雨は降らなそうだったけど、一応ザックカバーをかけておく。

    さて軽身になって出発♪

    駐車場の奥に登山道がのびています。



    少し歩くと尾根にとりつきます。



    最初から雪あるし、上の方はかなり積もってるんだろうなあと思いながら歩みを進め続けました。

    が、しかし、尾根上はというと





    日当たりが良いせいか雪はなくて歩きやすい!
    気持ちのいい尾根歩きでした。
    所々雪がありましたが、アイゼンをつける程ではなく、むしろ岩が露出してる所が多かったのでつけない方がいいかも。

    チラッと横を見ると木の間から、、、




    富士山。





    尾根歩きが終わり、丸川峠付近になってくると急に雪の量が多くなってきた。



    でも、フカフカでトレースもあったのでアイゼンはつけなかった。

    歩きやすい雪の道を



    誰かがつくったプチ雪だるまを見つけほっこりした気持ちになりながら歩く。




    木枯らしと青空と雪。
    いいなあ~こういうの。




    雪キレイだから昨晩降ったのかな?


    丸川山荘に到着!



    営業はしていません。
    雪に半分埋まってるベンチで一休みしてから大菩薩嶺へと向かいます。



    丸川山荘から先は雪が深く2人分の足跡しかなく、少し大変でした。

    でも、林道に入れば少し楽に。



    景色のない中歩き続けてやっと頂上が見えました。




    3時間半で頂上に到着!

    日本百名山、26座目
    大菩薩嶺 2057m




    頂上は展望がないので先に進みます。



    雷岩を経て大菩薩峠へ。

    すぐに雷岩につきました。



    正面には富士山。



    右手にはアルプス



    風は強かったけど、空気が澄んでいて遠くまでよくみえました。
    やっぱり富士山ってかっこいい、、、






    富士山を眺めながら歩を進める。
    一度少し下ると、賽の河原に。



    大菩薩峠の所にも山小屋があります。



    ここからひたすら下ります。

    大菩薩には山小屋がとても多かったです。

    大菩薩峠から上日川峠までで4つはあったかな?





    この富士見小屋は良さそうだなあ。





    埋まっちゃってるけどブランコあるし。
    夏とか、富士山に向かってブランコこいだりしたら気持ちいいだろうなあー
    ハイジになれるんだろうなあー!


    とか考えてたら福ちゃん荘につきました。



    ちなみに山小屋は全部営業していませんでした。

    福ちゃん荘から下ってすぐに上日川峠につきました。



    立派な長兵衛ロッヂ。

    夏は皆ここから登り始めます。

    さてこれで終わりではなく、丸川峠分岐まで長い長い下りが待ってました。

    道路を歩くのではなく、脇の山道を歩きます。
    体力に余裕なさすぎて写真とってないですけど、所々凍結してたので慎重に下りました。

    ちなみに今回、一度もアイゼンはつけなかったです!!
    でも、下りはつけた方がもっと早く下れてたかも?
    靴が新しかったから足が少し痛かったのと、久しぶりの山登りでかなり足にきていました。


    ゲートが見えた時に安堵。

    ささっと荷物回収して大菩薩嶺登山口バス停まで歩きます。
    バスの時間まで一時間半以上待ちました。
    周りのお店はどこもやっていなくて外で震えながら待ってました。

    バスが来てやっとあったまると思ったのにバスの中も寒くて塩山駅についたら速攻駅前のお店に入ったあったかい蕎麦を食べてストーブの前であったまってました。

    で、山の後はどうしてもビールが飲みたいので塩山駅近くの飲み屋さんに入る事に。
    もう、眠くて頭フラフラしてたけどビールはかかせない!

    塩山駅南口にある串蔵さんにお邪魔しました。


    でっかいザックに日本一周の看板、珍しかったのか色々質問等されました。

    で、気さくなマスター(しかもイイ男)が今日寝るところあるの?と聞かれ、駅とかで寝ようと思ってます。と答えたら、奥の座敷で寝てっていいよ~とのお言葉!

    お言葉に甘えて仮眠させていただきました!

    お店が終わる頃に起こしてくださり、餞別にと焼きそばとバイトの女の子からもホッカイロ等いただきました。



    しかも、食事のお代もいらないと神様的な発言!!

    久々の旅の中での人の優しさに触れてもう涙が溢れそうでした。

    ありがとうございました。

    また必ず来ますと、硬い握手をしてお店を後にしました。


    本当にありがとうございました。





    人の優しさが疲れた身体に沁みて、癒され、私をまた山へと連れていってくれる。
    ありがたいです。

    私の癒しは山だけではないんなあと、思うようになりました。

    にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
    にほんブログ村
    スポンサーサイト


    Category:山梨県 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
    <<1/28 甲武信ヶ岳 27座目 | HOME | さよなら小笠原、ただいま内地>>
    name
    title
    mail
    url

    [     ]
    Trackback URL
    http://mako0816.blog.fc2.com/tb.php/174-828eb2c4

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。