スポンサーサイト

    --.--.-- --
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

    9/18知床岳一日目【相泊~知床沼】

    2013.09.23 Mon
    知床岳の記事、遅くなってすみません!

    しっかり書きますね!


    相泊の漁港で起床。
    天気はよい。
    緊張感で胸が高まる中、テントをたたんでパッキングして重い荷物を背負う。
    って言っても、今回も社長と一緒なので荷物分担してるから単独の時より軽いのだけど!!

    6:00に出発。





    この先行き止まりの看板のもっともっとずっと奥に登山口があります。
    入林届けに知床岳登山と記帳。
    それだけで高揚する。


    さあ、楽しい山旅が始まるぞ!!


    番屋が並ぶ石の上を歩いていく。





    段々番屋も少なくなって、それと同時に二人の口数も少なくなっていって、、、

    いやあ~とにかく海岸歩きが長い!
    浮石が多いから歩きにくいし開始早々バテバテ。


    こんなところを五キロ程歩きます。




    すると、観音岩が目の前に立ちはだかります。




    観音岩の左側にロープがあるのでそれを使って向こう側へと乗り越えます。



    海岸歩きだけで2時間かかりました。


    このロープを使って登ります。




    社長も頑張っています。




    下りもロープがついているので慎重におりましょう。



    観音岩という名前だけあって、至る所に観音様がおられました。






    この観音岩を乗り越えたところにはテントが2張くらい張れると思います。


    観音岩を乗り越えたらその先にすぐウナキベツ川が勢いよく海に流れ出ています。

    海に出る手前で二つに分かれているのですが、二つ共橋がかかっているので二つ共渡ってウナキベツ川の右岸に渡ります。


    こんな橋、、





    二つ目の橋を渡ってずっと真っ直ぐにも道があるのですが、そちらは海岸トレッキングで岬へ向かう道です。
    左に入る道があるので見落とさないように。



    するとすぐにロープを使うような急登があります。
    一気に標高をあげます。


    それからはこんな道をダラダラ歩く感じ。




    踏み跡は明瞭なのでよそ見しなければ迷いません。

    そのうち岩場に出ました。
    ケルンがあって助かります。





    ウナキベツ川の河口から三時間歩いて青い池に到着です。

    青い池は本当に青かった。





    こんな山奥に、、神秘的だ。
    ここで少し休憩。


    この青い池の所にもテントを張ることができるみたいだ。

    休憩を終えて、さあ出発!
    青い池の横に獣道があり、ピンクリボンがあったのでそちらへ向かう。


    が、すぐに道らしい道がなくなる。
    けれど、周りにも道らしい道はない。
    とりあえず進んでみる。
    どんどん藪が濃くなってくる。
    もう、道なんて関係なしに藪をつっきってとりあえず登る。
    GPSを見ながら方向だけは把握して、道無き道をひたすら進む。

    この後、ルート通りに行くと大崩壊地帯にとりかかるので、その前に正規のルートに戻りたい。


    登れるだけ登って、大崩壊地帯の手前付近でルートを正す。
    自分達がいる所より左の方が正規ルートなので、鹿の通っている道を通りながら左に進む。


    すると、道らしい道に出た。
    GPSで確認すると、どうやら正規ルート上らしい。

    道を見ただけで安堵感。

    そこからすぐに大崩壊地帯にとりかかる。




    こんな崩れた所を一気に標高をあげます。





    ここらへんで社長の様子が、、、


    荷物が重くてバテているようだ。
    顔が険しくなっている。
    もっと楽しい気持ちをたくさん増やしてあげたかったので、色々話しかけたりしてたけど、返事も曖昧な感じだったので相当キツいみたいだ。


    お互いを励ましながらもう一踏ん張り!
    丁度虹も出てくれました。





    大崩壊地帯を突破したら800m付近でポロモイ台地に出る。
    そこからはハイマツ漕ぎが始まる。








    ここに来て何故か社長のテンションがあがっていた。

    ハイマツ漕ぎが楽しいみたい。笑
    変わってるね~。
    でも、楽しんでくれてよかった!



    ちょっと開けた所に出ても、こんな感じで道ができているのでわかりやすい。



    リボンもちょくちょくあります。


    一時間半程漕ぎ続けていたら、急に目の前にドーンと沼が広がる。


    知床沼だーー!!!!!



    やっとついたー!!!




    と喜んだのも束の間。
    足元はもう沼の中。


    ?????


    道がない!

    けど、すぐ目の前のマツにはリボンがついている。

    ????



    どうやら、二日前の台風で沼の水嵩が増えているみたいで、道がなくなったとみた。


    社長が、
    「クロックスに履き替えて沼の中歩くしかない。」
    と言ったので、



    じゃーーーん!



    クロックスに履き替えて靴をザックにつんで、いざ入水!!





    社長に先導してもらいながら沼の中歩きます。

    水の中だけど、道らしき道がある。



    でも、冷たすぎて10秒もつかってられない!
    ドスい声を出しながらじゃぶじゃぶ進む。
    でも、楽しい!


    足の感覚がなくなってきた頃、





    つきました!
    知床沼のテン場!

    ロープで囲われている所だけがテント場で2張くらいしか張れなさそう、、

    地面もデコボコしていてあんまり良いテント場ではないかな、、
    でも、こんな奥地の自然の中にテント場を設けてくれているのだから文句は言えない。


    足がキンキンで身体も冷えてきたので早々とテントを張る。



    テントから離れた場所でご飯を作る。
    ペンネを茹でてミートソースをかけて食べました。



    もちろん外で、ガタガタ震えながら、明日目指す方を見ながら。



    食べている間、おつまみのウインナーも茹でる。


    残りの食材やゴミ等は少し背の高い木に吊り下げておく。




    テントに戻り、ウインナーとビールで乾杯!



    至福!
    本当にこの時間は幸せ!
    おっさんみたいな声が出ても仕方ない!

    ウイスキーとリッツも少々口にして、寝袋にくるまって就寝。


    夜中に雨が降ったのと、次の日の緊張感で中々寝付けなかった。


    一日目終了。


    にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
    にほんブログ村
    スポンサーサイト


    Category:北海道 | Comment(1) | Trackback(0) | top↑ |
    <<9/19知床岳二日目【知床沼~知床岳~知床沼】 | HOME | リアルタイム>>

    あなたは偉い! スゴイ!

    まことさん 改めてその行動力に脱帽です。スゴイです(^o^)
    「この先 行き止まり」の立て札なつかしく拝見しました。
    ここまでは私も行きましたが、そのあとのルートと解説を
    読ませていただいてとてもじゃないが自分にはムリ(>_<) と
    思いました。
    先日の台風の影響もあって、どえらいルートに変わっていたの
    ですね。
    でも、さすが最強のタッグで難所をクリアーされて感動しています
    。あなたはエライ!そして凄すぎます(^o^)
    さぁ 明日はいよいよ山頂ですね!
    - | inisie | URL | 2013.09.25(Wed) 16:40:03 | [EDIT] | top↑ |

    name
    title
    mail
    url

    [     ]
    Trackback URL
    http://mako0816.blog.fc2.com/tb.php/119-efbd2c12

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。