スポンサーサイト

    --.--.-- --
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

    新たに追加する山道具に頭悩ませる日々

    2014.02.07 Fri
    小笠原に帰ってきて職場も変わって(系列店だけど)やっと落ち着いてきました。

    天気が中々よくならなくて、本当は今日も海に泳ぎに行くつもりでしたが、寒いし無しかなぁ~と布団でぬくぬくしながら考えています。

    小笠原は桜が徐々に開花してきています。






    海と桜が一緒に見れるところに連れていってもらったのですが、ここはまだちょっと早かったみたい。




    本州でもそろそろ河津桜とか咲き始めてる頃でしょうね~。

    クジラの方も今のところは見に行ったら確実にみれています!
    今度は双眼鏡もっていきたいなあー。




    そんなこんなで毎日お金を一円も使わずに過ごすようにしていると自然と外にはあまりでなくなるわけで、寮で何をしているかと言うと、ずっとiPhoneいじってます。

    主に、追加する山道具を調べたり考えたり、これかれ登る山の情報をノートに書き殴ってます。
    たまあに、幕末の恋とかいうゲームして私には無縁の恋愛をして遊んでいますが(^ν^)


    小笠原でバイトしてるけど、そんなにお金を使えるわけじゃないので本当に必要なものを選抜して買わなくてはならないんですが、一応今のところは、

    ★10本歯アイゼン
    残雪期の北八、北アなら10本でいいかなあと。


    ★アンダーウェア
    モンベルのジオラインMW一枚持ってるけど、洗濯して乾かしている間半袖Tシャツだけで登ってたらすごい日焼けしたからもう一枚追加しようかなと。
    同じモデルのやつか、ファイントラックかで悩み中。
    値段は同じようなもん。


    ★サブザック
    これはずっと欲しいと思ってた!
    最初はアライテントが出してる、「ライズパック20」を買おうと思っていた。



    でも、サブザックにこの値段はなあと手を出せずにいます。
    半額で買えるモンベルのポケッタブルザックでいいかなあとも思ってきてます。


    ★速乾Tシャツ
    ん~これも迷い中。
    速乾Tシャツはホグロフスのを一枚だけ持ってそれを乾かしてる時は普通の綿100%のをきているんだけど、アンダーウェアに吸水速乾性のあるもの着ててもTシャツがびちょびちょになって結局冷えちゃうから、もう一枚速乾性のやつを追加するか迷い中。
    登山メーカーのは高いから、ナイキとかスポーツメーカーの安いヤツにしようと思ってる。


    ★ハイドレーション
    これもなあ~。
    今、ちょうど破れて休止中だけど。
    導入当初は水飲みの楽さに感動してたけど、ついつい飲むペースがはやくなってしまって足りなくなる事が多いのでやめようか考え中。


    ★ツェルト
    これは!!!ツェルトは!!必要大です!!
    緊急時にもそうですし、むしろテントやめてツェルトを積極的に使ってU.L目指すのもいい。
    まあ、テントはやめないけど、それでも一泊二日の山の時とか麓にテント張って余計な荷物置いてツェルトもってU.Lで登れば楽だし。
    って事で、色んなメーカーのを調べてみた。

    先ずはファイントラック




    ツェルト1が¥15750で2が¥19950
    中々いい値段しますよね(^^;;
    ファイントラックのツェルトは結露がしにくくて評判がいい。
    2の方が居住性は高い。



    お次はZelt Plus





    このツェルトは従来のツェルトと違って、入り口側にA型にポールを組む事で出入りのしやすさと、強度を生むという新しい発想!
    もちろん従来のツェルト同様に設営する事も可能だし、前室が確保できるので空間が広くなる。
    値段は定価¥27000
    ネットで安くて22000程で買えるけど、やっぱりこんなに出せない。


    他にもモンベルやオクトス等色々候補はあげるもどこも高いし頭を悩ませていたところ!!!

    以前、今、使いに使っているアライテントエアライズ2を譲ってくださった方が使っていない1人用のアライのツェルトがあるから譲ってくださるとの事!!


    アライテント




    アライも候補に入っていたので嬉しいお言葉!
    女だし1人用で充分!
    早急に送っていただけるとの事で、小笠原で設営練習したいと思います!

    前回といい今回もまた、ありがとうございます!



    で、ツェルトを有効活用するにあたって、シュラフカバーも検討中、、、


    後は、残雪期の北八や北アにも行くとなると、ダウンパンツも買おうか検討中。


    お股のところがビリビリに裂けているタイツは使用するにあたってなんら問題はないのでタイツの購入は見送ります(^O^)/
    膝のサポートはテーピングで何とかしていきたいと思います!
    サポートタイツ買おうか悩んでたけど、使えるもんは使い倒す!!


    登山道具購入にあたっての出費は5万程で抑えたいところだ。
    ネットショッピングをフル活用しよう。

    便利な時代に産まれて、幸か不幸か?
    か弱くはなりたくない。



    にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
    にほんブログ村

    スポンサーサイト
    Category:小笠原諸島 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

    1/28 甲武信ヶ岳 27座目

    2014.02.03 Mon
    小笠原に帰ってきました~!
    いや~暑くて暑くて(^^;;
    寒いの苦手な私にとってこの季節のこの気温は天国!!


    寒いの苦手って言っときながら冬山はしっかり登ってますけどね*\(^o^)/*

    前日の大菩薩嶺に続き、連日登山、甲武信ヶ岳を目指します!

    串蔵さんを後にしてからある人物と合流する為に塩山駅で寝袋に包まりながら待機。

    深夜2:00は過ぎていたかな?
    塩山駅にて合流。
    久しぶりの再会。

    そのある人物とは、、、


    私にとっての山の先輩。
    色んな部分で尊敬する人、瀧川さんです!!

    瀧川さんとは予定が合えば月1のペースで一緒に登山をしていました。
    初めて会ったのは、お互い単独だった雲取山でした。
    下山時に一緒になり、色々お話をしながらの下山になりました。
    職業が同じだったので、休みも一緒。
    そして、とにかく瀧川さんはよく喋る。笑
    そのフレンドリーさと、山の知識、仕事の事もそうですし、尊敬に値しました。
    雲取山下山した後に、私の職場の先輩達もいるのにBBQに飛び入り参加するくらいフレンドリーな人です*\(^o^)/*笑

    瀧川さんに出会ってなかったら、私はこんなに人と積極的に話す事はできなかったと思います。
    瀧川さんに聞けばわかりますけど、昔は激しく人見知りで、人の目を見て話せなかったくらいです。(大抵の人は嘘だと言いますが笑)

    瀧川さんに出会って大きく自分を変える事ができ、尚且つ、山への姿勢や想い等も学ばせてもらった所もあります。
    本当に感謝です。



    と、瀧川さんの紹介はこのくらいにしておいて。笑


    塩山駅で瀧川さんと合流して、目指すは道の駅みとみ。

    今回、甲武信ヶ岳を登るルートは西沢渓谷から入り徳ちゃん新道を通ります。
    毎年、冬の甲武信ヶ岳のヤマレコを見ると道の駅みとみまでは凍結する事は少ないらしい。
    この日も道の駅みとみまではスムーズに行けました。
    去年も道の駅みとみまでは凍結なしでした!

    道の駅みとみについてちょろっと仮眠。
    6時くらいに起きて(この起きた時間を後で後悔する)準備万端にして朝飯食べて、西沢渓谷駐車場まで車を進める。

    スタッドレスだったし何ら問題なく駐車場まで行けました。
    駐車場に下りる坂道がちょっと凍結してました。


    7:00過ぎにスタート。
    このメンバーだといつも遅いスタートになってしまう笑

    西沢渓谷へと歩みを進めるとすぐにゲートがあります。



    このゲートを越えて車道歩きを20分程。
    道路はツルッと滑りますが、平坦だしアイゼン無しでも大丈夫。

    途中にあった滝。



    これ見て赤岳鉱泉行ってアイスクライミングしたいなあと思った。
    私が赤岳行く頃はまだギリギリやってるかな?

    立派なトイレ。



    しかし、冬季は使えません。
    トイレは道の駅みとみで済ませておきましょう。
    ちなみに道の駅みとみは夜間も電気ついていてトイレは暖房きいてるので旅人にとってありがたいです。


    楽しくおしゃべりしながら歩いているとすぐに西沢山荘に到着。



    これまた立派な山荘。
    この山荘を横目に徳ちゃん新道にとりつきます。



    最初は雪の上を歩くのが楽しくて楽しくて仕方なかったです。

    急な道も何のその!



    笑顔で乗り越えちゃいましょ~!

    気持ちのいい尾根歩き。



    かと思えば急登。



    この繰り返しです。
    徳ちゃん新道と近丸新道の分岐点までタイムコースは2時間半。
    変哲もない道をただひたすら登り続ける。

    トンネルだあ~






    なんて気分を誤魔化してみても内心、

    分岐点まだかよ、、、

    って感じでした。


    で、登り続けること、2:45分程。
    やっと分岐点だ~!!

    こっちが近丸新道



    こっちが私達が歩いてきた徳ちゃん新道




    いやあ~近丸新道でこなくてよかったー。
    かなり急だったよ、見た感じ(^^;;


    ちょっと一休み。
    この分岐点から、甲武信ヶ岳の手前の木賊山までまた2時間半かかります。
    なんだか、気が遠くなります。

    長い道のりだとわかっていたものの、こうも景色が見えないのと、お目当ての甲武信ヶ岳の姿がいつまでたっても見えないので滅入っちゃってました。

    泣き言なんて言ってられない。
    歩くしかない。

    先を急ぎます。



    ここから6本歯アイゼン装着。
    辛かった~。
    歩けども歩けども木賊山にはつかない。

    瀧川さんはまだ元気なご様子。笑



    でも、思いもよらぬラッセルに瀧川さんも苦戦。



    たぶん上の方だけ降ったんだろう。
    それでも瀧川さんのペースは速い。ついていけない。

    「がんばれ!もうちょい!ここまできたらイイもん見れるぞ!」

    と励ましの言葉をうけながら登る。
    頑張って登りきると






    わあ~ってなってるところ笑

    で、やっと破風山分岐



    ここから木賊山までの平坦な尾根歩きが地獄のようでした。



    これは下山時のだけど、トレース完全に消えてて膝上くらいのラッセルを強いられた。
    先頭は瀧川さんだったから私は幾分楽だった。
    瀧川さんはここでかなり体力消耗したようだ。

    ゆっくりゆっくり確実に歩を進め、やっと木賊山!



    そして、ここに来てようやくヤツの顔が見えました。





    うおー!!!こぶしーー!!!!

    と叫びました笑

    が、しかし、この木賊山から甲武信ヶ岳まだは一回下って、100m程登り返さなくてはなりません。
    終盤にきて登り返し、、、
    しかもこの時点でタイム的に厳しい状況。
    休んでる暇はない。
    休憩無しで登り返す。

    しかし、実はこの時点で私は既にオービーヒート!
    体力も何も残っていませんでした。
    けれど、力を振り絞って登り続ける。
    過呼吸になるんじゃないかってくらい息はあがるのに、足はあがらなくて、、、
    写真撮ってる余裕もなかった。

    頂上直下のケルンが目に入り、頂上の標識が見えた時は思わず涙。

    とりあえず無事甲武信ヶ岳登頂しました~。

    日本百名山27座目
    甲武信ヶ岳 2475m






    頂上は風が強くて、しかも時間もこの時13:00過ぎ。
    おにぎり一つ食べてすぐに下山開始。

    が、すぐに木賊山への登り返し。
    ここがかなり急でしんどかったけど、タイムを少しでも縮めるべく止まらず急ぐ。
    木賊山を過ぎてからも早足で下る。

    景色の見納め。



    ぐんぐん下る。
    無心で下る。
    陽もおちてきた。



    急げ急げ~。

    と、西沢山荘についたのは17:30頃でした。



    西沢山荘でアイゼンを外します。
    ここからゲートまでが行きの時よりも長く感じました。
    疲れてたからかな?

    駐車場についた時にはもう暗くなっていました。

    とりあえず車を走らせ、レンタカーなので車を返却し、恒例のお疲れ様パーティで焼肉食べました!

    やっぱり山の後は焼肉!と、ビール!笑



    瀧川さん、今回も運転や先導、ありがとうございました!
    久しぶりに一緒に登れてすごい楽しかったです!

    翌日、瀧川さんも私も身体がバキバキでした*\(^o^)/*笑


    今回の登山で反省点がいくつもありました。

    とりあえず、小笠原で体力作りと、体重を減らすのを目標にし、内地に戻ってきてもバンバン山に登れるようにしていきたいと思いました。


    小笠原引き上げて内地に戻ったら一番最初は瑞牆山から攻めていきます!

    また変哲もない小笠原ライフを綴る事になると思いますが、暇な時にでも覗いてくだされば嬉しい限りです(^ω^)


    にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
    にほんブログ村

    Category:山梨県 | Comment(1) | Trackback(0) | top↑ |

    1/27 大菩薩嶺登山

    2014.02.01 Sat
    や~っと本州の山記事かけるぞ~!
    張り切っていきましょう!


    今回は日本百名山のうちの一つ、
    大菩薩嶺に単独で登ってきました。

    一応2000m越えてるのでアイゼン、ピッケル持って冬装備*\(^o^)/*


    始発で一時間半揺られて塩山駅に到着!




    塩山駅南口から大菩薩嶺登山口までバスが出ています。

    大菩薩嶺バス時刻表

    所要時間は25分程。
    片道300円。
    4月下旬頃まで上日川峠まで冬季通行止の為、バスは大菩薩嶺登山口までしか行きません。
    夏季は上日川峠までバスが通るので、2000m越えにしては簡単にピークに立ててしまう。
    冬季はこの通行止区間を徒歩で歩かなくてはならない。


    大菩薩嶺登山口バス停に降り立つ。
    降車した登山客は私の他に4名程。
    バス停から通行止のゲートのすぐ手前の丸川峠分岐の駐車場まで歩く。



    ここまでならマイカーで来ることができます。
    何台か止まっていた。
    駐車場の路面は凍結していました。
    初っ端からつるんといってしまった。笑




    このゲートの先をずっと歩けば上日川峠へと行けます。

    今回のルートはこちら↓



    丸川峠経由で大菩薩嶺、大菩薩峠から上日川峠へ行き、丸川峠分岐まで戻るというグルっと一周してきました。

    またスタートの丸川峠分岐まで戻ってくるので余計な荷物を駐車場にあるベンチに置いていく事に。



    天気は晴天で雨は降らなそうだったけど、一応ザックカバーをかけておく。

    さて軽身になって出発♪

    駐車場の奥に登山道がのびています。



    少し歩くと尾根にとりつきます。



    最初から雪あるし、上の方はかなり積もってるんだろうなあと思いながら歩みを進め続けました。

    が、しかし、尾根上はというと





    日当たりが良いせいか雪はなくて歩きやすい!
    気持ちのいい尾根歩きでした。
    所々雪がありましたが、アイゼンをつける程ではなく、むしろ岩が露出してる所が多かったのでつけない方がいいかも。

    チラッと横を見ると木の間から、、、




    富士山。





    尾根歩きが終わり、丸川峠付近になってくると急に雪の量が多くなってきた。



    でも、フカフカでトレースもあったのでアイゼンはつけなかった。

    歩きやすい雪の道を



    誰かがつくったプチ雪だるまを見つけほっこりした気持ちになりながら歩く。




    木枯らしと青空と雪。
    いいなあ~こういうの。




    雪キレイだから昨晩降ったのかな?


    丸川山荘に到着!



    営業はしていません。
    雪に半分埋まってるベンチで一休みしてから大菩薩嶺へと向かいます。



    丸川山荘から先は雪が深く2人分の足跡しかなく、少し大変でした。

    でも、林道に入れば少し楽に。



    景色のない中歩き続けてやっと頂上が見えました。




    3時間半で頂上に到着!

    日本百名山、26座目
    大菩薩嶺 2057m




    頂上は展望がないので先に進みます。



    雷岩を経て大菩薩峠へ。

    すぐに雷岩につきました。



    正面には富士山。



    右手にはアルプス



    風は強かったけど、空気が澄んでいて遠くまでよくみえました。
    やっぱり富士山ってかっこいい、、、






    富士山を眺めながら歩を進める。
    一度少し下ると、賽の河原に。



    大菩薩峠の所にも山小屋があります。



    ここからひたすら下ります。

    大菩薩には山小屋がとても多かったです。

    大菩薩峠から上日川峠までで4つはあったかな?





    この富士見小屋は良さそうだなあ。





    埋まっちゃってるけどブランコあるし。
    夏とか、富士山に向かってブランコこいだりしたら気持ちいいだろうなあー
    ハイジになれるんだろうなあー!


    とか考えてたら福ちゃん荘につきました。



    ちなみに山小屋は全部営業していませんでした。

    福ちゃん荘から下ってすぐに上日川峠につきました。



    立派な長兵衛ロッヂ。

    夏は皆ここから登り始めます。

    さてこれで終わりではなく、丸川峠分岐まで長い長い下りが待ってました。

    道路を歩くのではなく、脇の山道を歩きます。
    体力に余裕なさすぎて写真とってないですけど、所々凍結してたので慎重に下りました。

    ちなみに今回、一度もアイゼンはつけなかったです!!
    でも、下りはつけた方がもっと早く下れてたかも?
    靴が新しかったから足が少し痛かったのと、久しぶりの山登りでかなり足にきていました。


    ゲートが見えた時に安堵。

    ささっと荷物回収して大菩薩嶺登山口バス停まで歩きます。
    バスの時間まで一時間半以上待ちました。
    周りのお店はどこもやっていなくて外で震えながら待ってました。

    バスが来てやっとあったまると思ったのにバスの中も寒くて塩山駅についたら速攻駅前のお店に入ったあったかい蕎麦を食べてストーブの前であったまってました。

    で、山の後はどうしてもビールが飲みたいので塩山駅近くの飲み屋さんに入る事に。
    もう、眠くて頭フラフラしてたけどビールはかかせない!

    塩山駅南口にある串蔵さんにお邪魔しました。


    でっかいザックに日本一周の看板、珍しかったのか色々質問等されました。

    で、気さくなマスター(しかもイイ男)が今日寝るところあるの?と聞かれ、駅とかで寝ようと思ってます。と答えたら、奥の座敷で寝てっていいよ~とのお言葉!

    お言葉に甘えて仮眠させていただきました!

    お店が終わる頃に起こしてくださり、餞別にと焼きそばとバイトの女の子からもホッカイロ等いただきました。



    しかも、食事のお代もいらないと神様的な発言!!

    久々の旅の中での人の優しさに触れてもう涙が溢れそうでした。

    ありがとうございました。

    また必ず来ますと、硬い握手をしてお店を後にしました。


    本当にありがとうございました。





    人の優しさが疲れた身体に沁みて、癒され、私をまた山へと連れていってくれる。
    ありがたいです。

    私の癒しは山だけではないんなあと、思うようになりました。

    にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
    にほんブログ村

    Category:山梨県 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。