スポンサーサイト

    --.--.-- --
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

    9/23北根室ランチウェイ第1、2ステージ

    2013.09.30 Mon
    今日は北根室ランチウェイ初日。

    北根室ランチウェイとは日本ロングトレイル協会に加盟しているロングトレイルです。
    全長71.4km
    中標津交通センターから、中標津空港、開陽台等を通り、摩周湖第一展望台へ摩周湖の外輪山を歩き美留和駅でゴール。
    全部で第6ステージあり、初日は第1、2ステージを歩きます。


    スタートは本当は中標津交通センターからなのですが、4km先の中標津空港からスタートしました。





    昨夜はかなり冷え込んでちゃんと寝れず終いでしたが、天気が最高だったので良しとします。

    朝陽を浴びながら出発!

    最初に目指すは開陽台
    中標津空港から、10kmです。




    この様な標識がたくさんあるので迷いはしないと思います。

    桜井牧場さんの敷地内を通らせてもらいます。




    トウモロコシ畑の横を歩きます。




    トウモロコシのトンネル~




    トウモロコシ畑を過ぎると林道を歩きます。



    天気がよくて本当にきもちいい!

    林道が終わると開陽台まで真っ直ぐのびる砂利道をひたすら歩きます。




    ひたすらひたすら、、、
    もう、背中の重い荷物を投げ出したくなってしまった。


    開陽台が見えてきたら自然と足早に。






    つきましたー!






    景色を見て、コーラ買って一時間くらい日向ぼっこしてお昼寝。

    三角点がありました。





    11:30頃に開陽台を出発!



    今日は第2ステージの終点、牧舎へ。
    この北根室ランチウェイを造ってくださった佐伯牧場さんがやっている、宿泊施設があります。


    放牧場を歩くので感染防止の為に靴裏を消毒をします。






    その後は歩きやすい気持ちのよい道を歩きます。
    チップがしいてある道で下りでしたが、足に負担はかかりませんでした。






    道の途中では所々このような物があります。



    マンパスと言って、これを跨いだりしながら進んで行きます。



    もうすっかり秋ですね~♪
    落葉を踏む音が心地良い~。


    川も橋をつかって渡ります。





    これをこえて、




    放牧場の中を突っ切ります。




    おおおおお!
    牛、近い!
    てか、牛!

    しばらくこの子とダルマさんが転んだをして遊んでました。





    若干ビビりましたけどね。
    牛、でかいし、近いし、結局は牛だから。



    このだだっ広い敷地を突っ切ると




    今日のゴール地点、牧舎に到着!




    今日はここに宿泊します!
    マンサードホールと言って、とても可愛らしい宿泊施設となってます。

    ここの紹介は次の記事で!


    この日は20km歩きました。
    ついたのは15:00過ぎ。

    電源も確保できた事だし、、
    ブログを~


    とは、ならなかったです。
    残念!

    山の本が沢山でずっと読んでました。
    アウトドアギアの本とかずっと見てられる。


    暗くなったから、うどん作ってすする。
    あったかい~。


    本当はテントはらしてもらうつもりだったが、あまりに寒いし誰も泊まってなかったから、佐伯さんがマンサードホールの二階にある部屋で寝て良いよ、と言ってくれました。

    お言葉に甘えて、昨日とは打って変わって暖かい部屋でぬくぬくしてました。

    ホットミルクを飲んで本を読んでいたらいつの間にか寝てました。


    あしたは第3、4ステージ歩きます。
    西別小屋まで。

    スポンサーサイト
    Category:北海道 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

    9/22野付半島

    2013.09.25 Wed
    朝起きて道の駅のトイレからテントに戻ったら一人の女の子が社長とお話していました。

    その子は道の駅で働いている子らしく、来年、自転車で日本一周を目論んでいるツワモノです!
    色白で可愛らしい子でした(*^◯^*)
    少ししかお話できなかったのが残念(._.)

    来年、私も社長もまだまだ日本一周中だからどこかで会えたらいいですね\(^o^)/

    せっかく色が白いので日焼け対策はしっかりとした方がいいですよ~。
    じゃないと、私みたいに後で痛い目みますからね、、(;_;)






    社長とセイコマでアイスを食べる。
    この羅臼のセイコマにもかなりお世話になったなあ~。
    ベンチがあるんだけど、毎日の様にそこに座って思い出のベンチになりました。

    社長がある時ふ、と、何でもないようなベンチがなんたら~とか言っていたような気がします。
    なんかわかったような気がします。
    詳細は社長のブログでそのうち書いてくれるでしょう!

    まこ亭の日本一周チャリ旅!!釣りと音楽を持って



    そして社長は峠の向こうへ、
    私は野付半島へ向かうべく別々の方向へ。


    さよなら社長!
    二週間楽しかった!
    本当にありがとう!
    またいつかどこかで!






    社長と別れた後、道の駅の前の道路でヒッチハイク開始。
    五分で止まってくださいました。
    東京から来ていた方で一泊二日の弾丸の旅の途中らしく、そんな時間のない中、野付半島の端っこまで送ってくださった優しい方でした。
    ありがとうございました!


    そして降りたのはここ!



    この先は徒歩でしかいけません!

    こーゆー所大好き!

    野付半島の端っこまでは四キロかそこらです。
    往復八キロですね。

    こんな道を




    こんな景色見ながらひたすら歩きます。




    ある適度歩くと道はなくなり、砂浜を歩く事になります。
    人のいる気配はちっともしません。
    どこよりも最果て感を感じました。

    朽ちた木






    何かの死体




    人のいない景色




    先端には使われていないであろう船




    これだけです。
    特に何かあるわけではありません。

    でも、何もないからいいんです。
    風の音と波の音しか聞こえない。
    この世にたった一人なんじゃないかと思わせるような、そんな場所でした。

    嫌いじゃないです。

    こういう所にくると色々と敏感になる気がします。
    神経が研ぎ澄まされるというか、、
    足の指の間に入ってくる砂一粒一粒が感じられるような、、
    首筋を舞う風が目に見えそうな、、、

    不思議な感覚。


    しばらく先端でぼーっとしました。


    それから、すくっと立ってまた来た道を歩きます。


    往復で3時間程でした。


    車でこれる一番端の所から少し歩けば灯台もあります。





    その後はネイチャーセンターの方へ歩いていると後ろから一台の車がきて、私の横に止まって、中から年配の方が

    どこまでだ?乗ってくかい?

    と気さくに話しかけてくださいました。

    ご好意に甘えて中標津空港まで送ってもらいました。
    とても雰囲気のよい方で、私が旅している事も否定も肯定もせず、気をつけて頑張れよ、とだけ言ってくださいました。

    ありがとうございました。
    頑張ります。


    中標津空港



    ここで余計な荷物等を実家に送り返しました。

    そして、空港の向かいにある公園が今日の寝床。





    この日は中標津が日本で一番寒かったみたいで寒くて眠れなかったです。

    翌日から北根室ランチウェイスタートです。


    にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
    にほんブログ村

    Category:北海道 | Comment(7) | Trackback(0) | top↑ |

    9/21知床羅臼漁火祭り

    2013.09.25 Wed
    本当はこの日には知床を抜け出そうと考えてましたが、社長が祭行きたい!と言っていたので仕方ないのでついていく事に。


    いや、嘘です、
    社長の



    いくら丼1000食無料だって♪


    の一言に飛びついたのです。笑
    まあ旅人ってこんなもんですよね。笑

    祭りが始まるまでひたすらダラダラしていました。


    で、夜になったので会場の羅臼漁港へ繰り出しました。



    うひゃー!!!




    お祭りだーーー!!
    お祭りの雰囲気って好きです。
    テンションあがっちゃいますよね!


    で、まずはいくら丼配布チケットの為に並びます。




    並んで待っている間、ビールも貰えました!




    チケットをもらって、いくら丼をいただきに行きました。


    どんどんどーーーん!





    美味しくって顔が勝手に綻びます。
    最後の一粒まで味わいました♪
    ごちそうさまでした!


    さすが漁港の祭。
    旨そうなものがたっくさーんありました!


    これ!



    蟹が丸ごと入った汁。
    なんと300円という激安!

    無我夢中でしゃぶりつきます。笑




    その後は牛乳が無料で飲めるらしく、ホットミルクをいただきました。




    そして何と、何と!





    無料試食コーナー!!!

    このお祭りは神ですか!?
    太っ腹です!


    ほとんどの種類をいただきました。

    黒味噌カレー





    その他にも色々ありました♪
    どれも安いです!



    鮭も売ってましたよ~。




    そして、この数日前から連絡をとりあっていた、徒歩で日本一周をしているべーすけさんと落ち合いました。

    べーすけさんのブログはこちら
    べーすけ 歩いて日本一周

    是非チェックしてみてください!


    そのべーすけさんには色々タメになるお話を伺いました。
    日本一周の旅人が三人集まったけど、手段や思想は皆違う。
    刺激がしあえる仲間ですね。
    とても面白いです。
    べーすけさんはとても温厚な良い人が滲み出てる感じの方でした。
    あー、こういう人が誰からも好かれる様な人なんだろうなあと思いました。



    少ししかお話できなかったですけど、またいつかどこかで会えるでしょう!
    その時をまた楽しみにしています!


    べーすけさんと別れた後も、酒と食を堪能しました!






    社長は何故か射的をしていました。笑




    お腹がいっぱいになったのとほろ酔いになったのでテントに戻り就寝。

    にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
    にほんブログ村

    Category:北海道 | Comment(1) | Trackback(0) | top↑ |

    9/20知床岳三日目【知床沼~相泊】

    2013.09.25 Wed
    最終日三日目。
    朝起きてチョコチップパンを食べてテントをたたんで6:00に出発!

    う~ん、名残惜しい。


    沼の水はすっかり引いていてちゃんと道を歩けました。


    ビフォー




    アフター




    かなり浸水してた模様。

    この日も朝から藪漕ぎ。
    ポロモイ台地の藪漕ぎがとにかく長い。
    行きとは違う道を歩いている事に始めの方で気付く。
    が、ちゃんと刈られていて道になっているので間違いはないと思う。
    いくつか道があるのかもしれない。


    まあ、帰りの方が行きよりも幾分早く感じました。
    そういうものですよね。

    崩壊地帯も慎重に下山。

    ここらへんから青い池までよルートを行き間違えたので慎重にいく。

    道はずっとあったので(踏み跡程度)大幅に間違える事はない。
    獣道がいくつも交差している所はわかりづらいが、右側に川があるので大きな迷いはしないと思います。



    青い池に出た時に、

    ここに出るのかあ!!!!
    ってなった。

    行きで選んだルートとは全く違うところに出た。

    青い池のテント場の奥にピンクリボンがあったからそっちから行ったけど、正規のルートは青い池に寄る事を想定してないようで、青い池に行く道とは反対の方に道があって、そっちが正規ルート。

    リボンを信用しすぎてはダメだということ。



    この青い池からは迷うことはない。
    さくさくと進む。

    海が見えてきた時に喜びが。




    しかし、最後に急坂をおりなくちゃいけません。
    足が疲れているのでロープを頼りに慎重におります。


    観音岩に出たところで

    おわったーー!!!
    とガッツポーズと握手。





    観音様にお礼をして少しグダつく。
    そう、終わったはいいが、この後海岸沿いの石歩きが待っている(._.)

    ぶっちゃけて言えば、私はここを歩くのが一番辛かったです。


    途中三人組とすれ違う。
    岬まで海岸沿いを歩くようだ。
    やはり、岬まで行くのもそう珍しくはなくなったみたいだ。

    もう日本にはほとんど人の手が加わっていない場所はないのだろうか?
    秘境の地というか、、、




    相泊漁港についてやっと終了!

    今回も熊に幸か不幸か熊に会わなかった。
    色々山に登っていて一度も見たことがない。
    なんだか一生会わない気がしてきた。
    それもそれで寂しいなあ。


    相泊温泉でゆっくり汗を流して、ヒッチハイクで羅臼に戻りました。

    ヒッチハイクで乗せてくださった女性お二人はクルーズで岬の方まで観光してきたらしい。

    そういえば海岸沿い歩いている時に観光客を乗せている漁船がいたなあと思い出す。

    羅臼のセイコマでおろしてもらいました。
    ありがとうございました。



    それから焼肉に直行!笑
    豚とか鳥とか安いのばっかだったけど幸せでしたあ!
    山の後はビールと焼肉でまちがいない!




    社長も幸せそう!
    本当にお疲れ様でした!
    一緒に登ってくれてありがとう!
    山の良さがわかってもらえて嬉しいです!
    またいつか機会があったら一緒に登ろうね!



    焼肉屋さんに五時間程いました。笑

    その後はホームの道の駅に戻り就寝。




    本当に濃い知床の旅でした。
    長年(っていっても二年)の夢が叶いました。
    達成感!と夢が叶った後の少しの寂しさ。
    北海道の山は後は西別岳と摩周岳で終わり!

    寂しいなあ。
    北海道の山は素晴らしかったです。
    大きくて包容力のあるというか、なんというか。
    とにかく山は素晴らしい!



    応援してくださった皆さん、ありがとうございました!
    皆さんの声援があったからやり遂げる事ができました!

    これからも危なっかしい旅が続くとは思いますが、よろしくお願いします!

    にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
    にほんブログ村

    Category:北海道 | Comment(1) | Trackback(0) | top↑ |

    9/19知床岳二日目【知床沼~知床岳~知床沼】

    2013.09.24 Tue
    朝、目を覚ますと知床岳方面にはガスがかかっていた。

    朝ごはんはパンにカレーをつけて食べた。


    テントや着替え等はそのままにして、食材は昨夜と同じように木に吊るして軽装で知床岳へとむかう。

    山頂ラーメンの為にラーメンとバーナー等は持って行った。

    往復8時間を目安とする。


    知床沼の周りを半周してからP1132を目指す。
    知床沼からの入口が少しわかりにくいかも?
    獣道が何本もあった。


    そこからは藪漕ぎやハイマツ漕ぎ。



    リボンが結構ついてるので迷わないだろう。


    2時間くらいでP1132に出る。



    左の平たい所がポロモイ台地。





    今日は荷物が軽いので余裕余裕!

    P1132からおりていくと、湿原に出る。
    P1182とP1243の間の低いところ。


    知床岳の頭は見えないまま。







    この湿原からP1243へと向かう。

    P1243へと出るとT字路のように道がなっているところがあるので左に行くと知床岳方面。

    こんなところをずっと知床岳まで歩きます。



    右側は崖。
    落ちたら真っ逆さま。

    でも、ここらへんが一番ハイマツがすごかった気がする。
    漕ぐのが大変だった。




    無我夢中になって歩いていると、パッと少し開けた場所に出る。
    道を探す為に下を見てキョロキョロしていると、右下の足元に三角点。


    あっ。頂上。
    と何とも間抜けな顔をしていたと思います。



    はい!
    知床岳登頂!








    標識がないので実感がわかない。
    ガスってて景色もないから尚更。

    とりあえず社長と握手。

    そして山頂ラーメン、味噌味!

    食べていると、サーっと雲が消え太陽の光が。




    バッと立ち上がり岩の上にたつ。
    すると岬方面の景色が

    どーーーん!!!!






    それはもう、感動しました。
    この時、やっと実感がわいてきた。
    いつもなら叫んだりしないけど、嬉しすぎて叫びました。




    しれとこーーーー!!!!!!




    この景色をずっも見てたい。
    溜息が漏れる。

    でも、登りで5時間かかったのであまり長居せずに下山。



    帰りは帰りでP1132らへんで迷ったりしました。
    ハイマツの上に立って周りを見渡して笹が薄い所を探したり、行きでは迷わなかった所で迷った。


    でも、2人で協力したら、ちゃんと道に出られた。
    ナイスチームプレイ!


    知床沼に出た時に安堵の息。

    下りは4時間半かかりました。
    やはり往復ではそんなに変わらない。


    とりあえず着替えてご飯。
    パスタにキノコスープソース。


    昨夜と同じく、ビールとウィンナー。
    ウイスキーとリッツも。

    外を見てみると月が凄い明るくて祝福してくれてるみたいだった。




    これで気を抜いてはダメだ!
    帰るまでが登山なのだから!


    次の日に備えて早めに就寝。

    Category:北海道 | Comment(1) | Trackback(0) | top↑ |

    9/18知床岳一日目【相泊~知床沼】

    2013.09.23 Mon
    知床岳の記事、遅くなってすみません!

    しっかり書きますね!


    相泊の漁港で起床。
    天気はよい。
    緊張感で胸が高まる中、テントをたたんでパッキングして重い荷物を背負う。
    って言っても、今回も社長と一緒なので荷物分担してるから単独の時より軽いのだけど!!

    6:00に出発。





    この先行き止まりの看板のもっともっとずっと奥に登山口があります。
    入林届けに知床岳登山と記帳。
    それだけで高揚する。


    さあ、楽しい山旅が始まるぞ!!


    番屋が並ぶ石の上を歩いていく。





    段々番屋も少なくなって、それと同時に二人の口数も少なくなっていって、、、

    いやあ~とにかく海岸歩きが長い!
    浮石が多いから歩きにくいし開始早々バテバテ。


    こんなところを五キロ程歩きます。




    すると、観音岩が目の前に立ちはだかります。




    観音岩の左側にロープがあるのでそれを使って向こう側へと乗り越えます。



    海岸歩きだけで2時間かかりました。


    このロープを使って登ります。




    社長も頑張っています。




    下りもロープがついているので慎重におりましょう。



    観音岩という名前だけあって、至る所に観音様がおられました。






    この観音岩を乗り越えたところにはテントが2張くらい張れると思います。


    観音岩を乗り越えたらその先にすぐウナキベツ川が勢いよく海に流れ出ています。

    海に出る手前で二つに分かれているのですが、二つ共橋がかかっているので二つ共渡ってウナキベツ川の右岸に渡ります。


    こんな橋、、





    二つ目の橋を渡ってずっと真っ直ぐにも道があるのですが、そちらは海岸トレッキングで岬へ向かう道です。
    左に入る道があるので見落とさないように。



    するとすぐにロープを使うような急登があります。
    一気に標高をあげます。


    それからはこんな道をダラダラ歩く感じ。




    踏み跡は明瞭なのでよそ見しなければ迷いません。

    そのうち岩場に出ました。
    ケルンがあって助かります。





    ウナキベツ川の河口から三時間歩いて青い池に到着です。

    青い池は本当に青かった。





    こんな山奥に、、神秘的だ。
    ここで少し休憩。


    この青い池の所にもテントを張ることができるみたいだ。

    休憩を終えて、さあ出発!
    青い池の横に獣道があり、ピンクリボンがあったのでそちらへ向かう。


    が、すぐに道らしい道がなくなる。
    けれど、周りにも道らしい道はない。
    とりあえず進んでみる。
    どんどん藪が濃くなってくる。
    もう、道なんて関係なしに藪をつっきってとりあえず登る。
    GPSを見ながら方向だけは把握して、道無き道をひたすら進む。

    この後、ルート通りに行くと大崩壊地帯にとりかかるので、その前に正規のルートに戻りたい。


    登れるだけ登って、大崩壊地帯の手前付近でルートを正す。
    自分達がいる所より左の方が正規ルートなので、鹿の通っている道を通りながら左に進む。


    すると、道らしい道に出た。
    GPSで確認すると、どうやら正規ルート上らしい。

    道を見ただけで安堵感。

    そこからすぐに大崩壊地帯にとりかかる。




    こんな崩れた所を一気に標高をあげます。





    ここらへんで社長の様子が、、、


    荷物が重くてバテているようだ。
    顔が険しくなっている。
    もっと楽しい気持ちをたくさん増やしてあげたかったので、色々話しかけたりしてたけど、返事も曖昧な感じだったので相当キツいみたいだ。


    お互いを励ましながらもう一踏ん張り!
    丁度虹も出てくれました。





    大崩壊地帯を突破したら800m付近でポロモイ台地に出る。
    そこからはハイマツ漕ぎが始まる。








    ここに来て何故か社長のテンションがあがっていた。

    ハイマツ漕ぎが楽しいみたい。笑
    変わってるね~。
    でも、楽しんでくれてよかった!



    ちょっと開けた所に出ても、こんな感じで道ができているのでわかりやすい。



    リボンもちょくちょくあります。


    一時間半程漕ぎ続けていたら、急に目の前にドーンと沼が広がる。


    知床沼だーー!!!!!



    やっとついたー!!!




    と喜んだのも束の間。
    足元はもう沼の中。


    ?????


    道がない!

    けど、すぐ目の前のマツにはリボンがついている。

    ????



    どうやら、二日前の台風で沼の水嵩が増えているみたいで、道がなくなったとみた。


    社長が、
    「クロックスに履き替えて沼の中歩くしかない。」
    と言ったので、



    じゃーーーん!



    クロックスに履き替えて靴をザックにつんで、いざ入水!!





    社長に先導してもらいながら沼の中歩きます。

    水の中だけど、道らしき道がある。



    でも、冷たすぎて10秒もつかってられない!
    ドスい声を出しながらじゃぶじゃぶ進む。
    でも、楽しい!


    足の感覚がなくなってきた頃、





    つきました!
    知床沼のテン場!

    ロープで囲われている所だけがテント場で2張くらいしか張れなさそう、、

    地面もデコボコしていてあんまり良いテント場ではないかな、、
    でも、こんな奥地の自然の中にテント場を設けてくれているのだから文句は言えない。


    足がキンキンで身体も冷えてきたので早々とテントを張る。



    テントから離れた場所でご飯を作る。
    ペンネを茹でてミートソースをかけて食べました。



    もちろん外で、ガタガタ震えながら、明日目指す方を見ながら。



    食べている間、おつまみのウインナーも茹でる。


    残りの食材やゴミ等は少し背の高い木に吊り下げておく。




    テントに戻り、ウインナーとビールで乾杯!



    至福!
    本当にこの時間は幸せ!
    おっさんみたいな声が出ても仕方ない!

    ウイスキーとリッツも少々口にして、寝袋にくるまって就寝。


    夜中に雨が降ったのと、次の日の緊張感で中々寝付けなかった。


    一日目終了。


    にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
    にほんブログ村

    Category:北海道 | Comment(1) | Trackback(0) | top↑ |

    リアルタイム

    2013.09.23 Mon
    ブログの更新がたまっている、、、
    申し訳ないです。


    一応、無事に知床岳から戻ってきて今は北根室ランチウェイというロングトレイルを歩いています。



    中々電源確保が難しいので更新できないでいます。
    北根室ランチウェイが終わって、釧路か苫小牧か、、栄えている町についたらじっくり更新します!



    それまでお待ちください!


    知床岳の感想は、







    もちろん最高でした!!!!!!

    Category:北海道 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

    相泊停滞

    2013.09.17 Tue
    次なる山、知床岳へとむけて情報収集や、地図入手等、準備にとりかかる。
    今はもう結構入山している人が多く、ネットでも情報が得られます。

    地図は羅臼の図書館にて入手。
    図書館の人に、
    お!山ガールだ!頑張れよ!
    と声をかけてもらいました。
    新聞をみてくださったようで、ありがとうございます。



    天気予報を調べるとしばらくグズつくらしく何やら台風も接近しているそうな。
    天気回復するまで下界に停滞。
    相泊まで行って熊宿という無料ライダーハウスがやっていたらそこに泊まろうと思い、とりあえず相泊へ。

    途中、ヒカリゴケをみました。




    熊宿にいってみると、もうやってないとのこと。




    仕方ないので、漁港にテントをはることに。



    無料の露店風呂、セセキ温泉と相泊温泉へ行ってみました。

    セセキ温泉



    セセキ温泉は干潮時の短い時間しか入浴する事ができず、満潮時には海の中です。
    私達がいった時は、お風呂の中は水と変わらない温度で入る事はできませんでした。
    なので、相泊温泉へ。





    こっちの方がしっかりとした作りでした。

    昔は男女別になっていて囲いがあったみたいなのですが、台風で吹き飛ばされ今はさらけ出されています。

    お湯は熱め。
    水で薄める事は可能。
    中々いい感じでした。
    気持ちよかった~
    結構観光客が来るので、女の人は抵抗あるかも?
    男の人で入ってる人は何人かいましたが、女の人は足だけとかが多かったです。



    こんな感じで相泊の漁港にて台風が過ぎ去るのを待ちました。
    四日間くらい停滞しました。

    台風が一番近くなった日はひどかったです。

    テントの中は浸水。
    シュラフもザックもびちょびちょ。
    ポールはゆがみました。

    台風が去った次の日は快晴でしたが、シュラフ干したりなんやらでもう一日停滞。

    身体温める為に朝一だ相泊温泉に入ったり、翌日は必ず入山するので最終準備したりしました。




    いよいよ、知床岳アタックです!

    Category:北海道 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

    羅臼湖

    2013.09.12 Thu
    知床連山縦走が終わった次の日、この日もアクティブにいきます!


    天気がよかったので羅臼湖へトレッキングしにいきました。

    羅臼湖のトレッキングコースは往復三時間と意外と歩きます。
    しかも、泥濘がひどくて長くつが必要との事。
    でも、まあ、天気続いてるし大丈夫だろうと普通の靴でいきました。



    知床峠より、羅臼側に入り口があります。



    二ノ沼から五ノ沼まで歩いて、その先に羅臼湖があります。
    片道一時間半です。
    少々アップダウンあり。





    三ノ沼




    途中、社長が弱っているリスを発見。



    水をあげたり、なんやかんやしてたけど、もうダメそうだったので隅っこにそっとおいてきました。
    なんとか元気になって生きていてくれればいいのだけど、、、










    ルート上に熊の落し物を発見!






    羅臼湖へと続く木道は朽ちていて、それもまたいい感じでした。




    羅臼湖は思っていたよりもデカくて圧巻。
    羅臼湖の向こうに見えるは知西別岳。





    羅臼湖で30分以上まったり。
    ずっといたくなってしまうような静かでいい所。

    帰りはサクサクと歩いて帰りました。





    そうそう、羅臼でのお風呂は熊の湯という無料露店風呂を利用しました。






    男女別で脱衣所あり。
    お湯はかなり熱めで水でぬるくしないと入れないくらい。
    男子風呂は地元の漁師さん御用達でぬるくできないとか、、、

    私はチャリダーのもゆさんと二人でぬくぬくと温泉堪能しました\(^o^)/
    硫黄くささも程よく、無料なのがびっくりなくらい!
    入った後は綺麗にして出ましょう!

    Category:北海道 | Comment(1) | Trackback(0) | top↑ |

    知床五湖

    2013.09.11 Wed
    知床連山縦走からおりてきてすぐにカムイワッカ湯の滝に行きました。

    目的は、もちろん入浴。
    山での汗を流します。



    行ってみると、観光客でいっぱい。
    しかも、入浴してる人は一人もおらず、、、


    が、しかし、我々は三日間風呂に入らず汗を流し続けてきたので堪らず入浴!




    滝壺が湯船のようになっていて、そこへザブーン!!





    湯温はかなりぬる目。
    むしろ冷たい。
    でも、きもちいー!
    疲れがじわぁっとお湯に溶け込んでいきました。

    他の観光客の人達が写真を撮りづらそうにしてたのと、寒いのとで早々と退散。
    もう少し暖かい時季だったら長湯できるかも?




    さっぱりした所で、今から帰りそうな人に声をかけて知床五湖まで乗せていってもらいました。
    丁度その方達も五湖に行くらしく、有難く同乗させてもらい、五湖でお礼をいってさようなら。

    ありがとうございました。





    今日はまだまだ動きます!
    16:00最終のレクチャーをうけて、五湖全てを見ます。





    知床五湖全てを見るにはレクチャーをうけないと周れません。
    熊の習性等をビデオで見ます。


    この日は風邪があり、湖面は穏やかではなかったけど、満足。





    さっきまでいた山が見えて、今日の朝はあそこにいたんだなと不思議な感覚。







    夕陽もいい感じに綺麗で、今回の山行の締めくくりには最高でした。







    こんなタフな自分にここまで付き合ってもらってしまい、社長には申し訳ない。
    ありがとう!





    知床五湖から自然センターまで戻る人に乗せてもらい、自然センターへ。
    ありがとうございました。

    自然センターから峠のむこうの羅臼町に行くべくヒッチハイク。

    もう陽が落ちてきて、暗くなってきたので中々止まってもらえず、自然センターに野宿かなと思っていたら、ご夫婦の方が止まってくださり乗せてもらいました。

    奥様と世界の話しで盛り上がりました。
    行きたい所はたくさんあって、いつ行っても遅いなんてことはない。
    いつでも、素敵な出逢いはそこにあるから。



    羅臼のセイコーマートでおろしてもらい、さようなら。
    助かりました。
    ありがとうございました。




    そして、本日の本当の〆!!
    山の後といったら、






    焼肉とビール!!!


    があーーー!!!
    うまい!!!!
    幸せ!!


    二人共、旅人なのでお肉はそこそこにしてライスかきこむ!

    これでこの知床連山縦走は無事完結となりました!!

    Category:北海道 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

    知床連山縦走三日目【二ツ池~カムイワッカ湯の滝】

    2013.09.11 Wed
    三日目、最終日が一番長い行程。
    3:00に起きるはずが、5:00に起きてしまった。
    いつもの事です。笑



    朝ごはんはパンを食べて、テントをたたんで6:00に出発。

    とりあえずは南岳にむかいます。






    朝陽が眩しくて前が見えません。

    硫黄山付近になると山の様子が一変します。








    知円別岳までは熊の出そうな気持ちの良い歩きでした。
    知円別岳から先は足場が悪く、下手したら滑落しそうな感じです。


    中の廊下は天国歩いているような感じで気持ちがよかった。






    岩がゴツゴツしてきました。




    途中、まだ咲いているチングルマがありました。




    硫黄山分岐へ到着し、待ってろ!硫黄山!と意気込む。



    ここからは岩登り。
    手を使ったりしないと登れません。
    ポールは邪魔なのでしまった方がいいと思います。
    結構悪戦苦闘しながら、やっと山頂!




    山頂には硫黄山の標識無し。


    今まで歩いてきた道がみえる。




    ガッツポーズ。




    山頂でしばらく休憩。
    ここまでは山と高原の地図のタイムコース通り。

    後ろから登ってくる人と岩場で鉢合わせしたら大変だろうと思い、登ってくるのを待ってから下山。
    下山の方がおそろしかった。
    荷物は下にデポした方が無難。


    後は硫黄山登山口に下山するのみ。
    ぶっちゃけこの後が一番大変だった。

    枯沢をずっと歩くんですが、岩がゴツゴツしていた滑りやすく時間がかかった。




    途中、枯滝をまく道や、雪渓があったりで道がわかりにくい所が少々。
    でも、踏み跡は明瞭なのでしっかり探せば大丈夫だと思います。

    後ろから来ていた男性が不安そうだったので後半からは一緒に下山。



    一気にこんなにおりてきました。

    歩きやすい林道になるのは最後の20分くらいだけです。



    それ以外は歩きづらく、下山が恐ろしく長く感じた。
    でも、下山も標準コースタイム通り。






    やっと終わったー!!
    硫黄山登山口到着!


    社長とがっしりと握手。

    ここからはカムイワッカ湯の滝の方へゲートまで歩きです。
    この少しの区域を歩くのには、事前に申請が必要です。

    インターネットからメールでも申請可能らしいです。


    ゲートをくぐります。



    ゲートのところに羅臼平と二つ池で一緒になった方がいて、お疲れ様ですと挨拶。
    全部で四人で達成感を噛みしめる。

    管理人さんに申請書の写しを渡して下山記録を書く。
    携帯トイレ回収ボックスあり。


    知床連山縦走は山登り始めてすぐの頃からずっとやりたかったので、今回歩けて本当に嬉しかった。

    一緒に行ってくれた社長には感謝です。

    難所という難所もなく、天気も良く、気持ちの良い山行でした。
    今回も熊には遭遇しなかったです。


    そのまま私達はカムイワッカ湯の滝へ~、、、

    Category:北海道 | Comment(1) | Trackback(0) | top↑ |

    知床連山縦走二日目【羅臼平~二ツ池】

    2013.09.10 Tue
    朝明るくなると共に起床。

    テントから出ると朝陽に染まる羅臼岳





    今日は朝一で羅臼岳ピストンしてから、二ツ池までなのでゆっくりです。

    朝ごはんは食パンにブルーベリージャム。




    身軽な格好で羅臼岳の頂上を目指します。


    途中にある岩清水にて水分補給。
    かなり美味しくて癒されました。




    ここからは岩場続きでした。




    同行した社長(まこ亭)も気持ちよさそう。



    一時間程で羅臼岳山頂に到着。
    岩場の割には山頂は意外と広かったです。



    ずっと来たかった場所。
    知床半島最高峰羅臼岳1660m
    アイヌ語ではチャチャヌプリ



    天気がよくて本当に良かった。
    遠く目指すは硫黄山も見えました。


    山頂で二時間程まったりお喋り。
    昨日とは打って変わって風がなくて暖かかった。




    山頂から立ち去るのが名残惜しかった。


    岩清水までおりて、水を汲んでテン場へ戻る。

    昼前だったけどお腹が減ったとのことで、ラーメンを食べた。
    テントを撤収して荷物詰めて出発。







    三峰のむこうに見えるは羅臼岳。


    三峰、サシルイ岳、オッカバケ岳を越える。
    硫黄山の方もハッキリ見えてきた。




    今日のキャンプ指定地の二つ池も見えてきました。





    二つ池に到着。



    地面がぬかるんでいて歩きにくい。

    私達の他にソロで三人の男性の方がいました。


    夕飯はパスタを食べて、晩酌しました。



    生き返った~(^^)
    荷物は重くなるけど、やっぱり山にお酒は外せません!


    フードロッカーに食料とゴミを入れて就寝。

    Category:北海道 | Comment(1) | Trackback(0) | top↑ |

    知床連山縦走一日目【岩尾別登山口~羅臼平】

    2013.09.09 Mon
    道の駅ウトロ・シリエトクで起床。テントをたたんで向かいのセイコマで朝ごはんを食べて、社長とは一旦さようなら!
    歩いて知床自然センターへ向かう。
    一時間半くらいで自然センターに到着。先に自転車であがっていた社長と合流して携帯トイレ三つを買い、水を汲んでから岩尾別登山口を目指す。

    知床自然センターの前でヒッチハイク。
    社長は初のヒッチハイク。




    旅行で来ていた人が止まってくれて、地の涯ホテルまで乗せてくださいました。
    こんな山奥までありがとうございました。


    とりあえずここに来たからには、有名な岩尾別無料露天風呂に入るしかない!
    と、登山の前に身体を清めました。





    こんな感じで三段に浴槽が分かれてます。
    もちろん脱衣所などないので、ポポーんと脱いで、ザブーンと入りました!

    めちゃくちゃ気持ちよかった!
    温度も熱すぎずぬる過ぎずで丁度いい!
    30分くらい入ってました。
    これから登山だというのにまったりモード、、、



    気合いを入れてお風呂からあがりました。
    私が行った時は誰も入ってませんでした。
    でも、着替え終わった後に三人くらい見物しにきてました。
    入りはしなかったみたいです。
    勿体無い!行ったら是非入ってほしい!


    靴の紐も心の紐もギュッと縛って、
    いざ!羅臼岳!

    木下小屋の脇の登山道から入ります。



    この木下小屋は素泊まり2000円です。

    入山記録に記帳します。




    この時既に11:30頃。
    今日の行程は、羅臼平まで。
    ゆっくり登っても陽がくれる前にはつくので、ゆっく~り登りました。

    途中でiPhoneの電池が切れてしまい、岩場までの写真がありません(;_;)。
    羅臼平までにテン場は二ヶ所ありましたが、見晴らしはよくないので羅臼平をオススメします。
    上の方のテン場は登山道整備の人達がテントを張っていてスペースは無かったです。
    こういった人達のおかげで気持ちよく登山ができているんですね。
    ありがとうございます。
    感謝の気持ちを忘れずに山に登り続けたいです。


    岩場にとりかかります。




    ロープで道を誘導してありました。
    やはりしっかりと整備されてるんだなあ。

    岩場の途中、振り返ると、



    気持ちのいい風が吹き上げてきました。

    羅臼平はこの岩場を登り終わったところにあります。



    羅臼平、今日のキャンプ地に到着。





    私達の他に2組いたので心強かったです。


    うおー!アレが羅臼か!かっこいー!




    と、テンションあがってるのも束の間、
    羅臼平はかなり風が強くて一気に体温がさがっていきました。
    休む暇なく強風の中、なんとかテント設営。

    寒すぎて速攻テントの中に転がりこみ、シュラフに潜り込みました。


    でも、明るいうちにフードロッカーの場所を確認すべく外に出ました。




    そのフードロッカーよりもうちょい先に進むと、




    国後島が見えました。



    その後は寒い寒いとのたうち回りながら、夕陽を拝みました。



    とにかく綺麗。
    けれど、寒すぎる。





    夕陽が沈んだのを確認してから、テントに避難。

    強風の為、外で調理は難しいと判断してテントの中でラーメン作って食べました。

    これだけ強風なら臭いも吹き飛ぶでしょう。


    ラーメンを食べて身体が温まったら眠気が襲ってきました。

    星も見ないで爆睡してしまいました。


    知床連山縦走一日目終了

    Category:北海道 | Comment(1) | Trackback(0) | top↑ |

    オシンコシンの滝

    2013.09.08 Sun
    クリオネをマスターの車に乗せてもらい出発!
    クリオネに泊まった女の子三人と一緒にウトロまで。

    その途中の天国に続く道を見せてもらい、




    オシンコシンの滝にも寄ってもらいました。





    女の子三人





    そこから、ウトロのバス待合所まで乗せてもらって、マスターとはさようなら!
    お世話になりました!
    ありがとうございました!






    中国人の李さんは知床五湖に行くために、ここからバスに乗るのでお別れ。
    ハグしてグッバイ!

    またいつかどこかで会うでしょう!




    残りの二人と一緒に軽く観光。

    オロンコ岩に向かう途中のお店に寄り道したり




    オロンコ岩は登れるらしく、急な階段を息を切らしながら登りました。




    生憎の天気でした。

    オロンコ岩をおりて、ゴジラ岩はどこにあるのか周りをキョロキョロしていると





    意外と目の前にあったー!!!

    ゴジラだ、ゴジラ!笑





    でも、女の子って意外とあっさりなのよね。
    ゴジラだねー、って言って写真撮って終わり!笑



    その後、2人は熊の湯を目指すべくヒッチハイクに挑戦していました。




    私は後ろから見守っていました。
    なんだか不思議な感じ。
    自分もいつもこんな風なんだなと思って見てました。



    中々止まってくれなさそうだったので、私のスケッチブックを貸してあげたら、すぐに止まっていただいてました。
    やはり、親指ヒッチハイクは難しいのか?


    そこで2人とはお別れ!
    みんな旅人、いつかどこかで会いましょう!




    私はこの日は大きく動くつもりはなかったのと、社長と待ち合わせしていたのとで、道の駅で待機。


    社長がクリオネから追いついてきたので、暗くなるまでだらだら。
    私は社長のシュラフ借りて昼寝。


    暗くなってきたら、テントはって就寝。

    Category:北海道 | Comment(1) | Trackback(0) | top↑ |

    知床にむけて出発

    2013.09.08 Sun
    今朝、10日間+1日お世話になったクリオネを旅立ちました!


    短い間だったけど、すごい楽しかった!

    美味しい物もたくさんたべました!








    柄杓で飲む程大好きなお酒もたくさん飲みました!笑





    まみちゃん、お別れ会でスタッフみんなで斜里のスナック点に行ってカラオケしたのは楽しかったなあー!






    友達が何人か私に会いにきてくれて、すごい嬉しかった!

    お馴染みのゆうき君も来てくれたし!笑




    よっくん、もゆさん、社長ありがとう!
    ねぶた組はやっぱり楽しい!


    わいびー、ぱんぬ、りえちゃん、ぺこちゃん、工場長、、、たくさんの人と出逢いました。

    毎日毎日本当に楽しかったです!


    クリオネの展望台から見る夕陽は感動モノです!










    最終日はまさかまさかのひつじの丘でも一緒に働いていた、アニーがヘルパーできて感動の再会!!
    こういう事があるから旅はやめられない!


    マスター、キューピーちゃん、アルム、なっちゃん、まみちゃん、アニー

    一緒に働いた仲間が貴方達でよかった!
    またいつかどこかで会えるでしょう!!



    私はまた旅に出ます。
    知床連山縦走からの知床岳アタック。
    無事に知床の地を後にできますように!



    この数日間、たくさんの人に支えられている事を実感し、たくさん考え込みました。
    ご心配おかけいたしました。


    私は、一皮むけてまた旅に出ました!
    パワーアップした岩瀬真をよろしくお願いいたします!



    とりあえず、雨なので天気回復するまで下界で待機です。



    そういえば、マスターに連れて行ってもらったこの止別駅、、




    駅の中に食堂、、
    いや、食堂に駅の待合室がくっついているユニークな駅です。

    サインも何枚かあって、テレビにも映った事があるそうです!

    ここの北海じゃがバターがすっごい美味しかった!
    ホクホクホクホク!!

    機会があったら行ってみてください!

    Category:北海道 | Comment(9) | Trackback(0) | top↑ |

    暖かい声

    2013.09.05 Thu
    皆さんコメントありがとうございます。
    とても勇気付けられます。


    確かに旅慣れして調子付いている部分もあったかもしれません。
    今回のこの事で、初心に戻り、人の優しさや暖かさを改めて感じることができました。
    本当に皆さんには感謝感謝です。


    私は人と自然への感謝の気持ちを忘れた事はありません。




    このスタンスのまま、私は旅を続けます。
    私は何も間違った事はしてないと思っています。
    このまま+もっと思いやり。

    日々前進、成長していけたらと思っております。



    楽しみにしていてくれる方がとても多くて感動しております。
    なので、めげずに更新頑張ります。


    これからもどうか応援、よろしくお願いいたします。


    にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
    にほんブログ村

    Category:北海道 | Comment(6) | Trackback(0) | top↑ |

    批判について

    2013.09.04 Wed
    ブログを読んでくださった方から批判がありました。



    まず、装備について貧乏旅なのに高価な物を使っているという事についてですが、

    テントはもちろん山岳テント、エアライズ2という事で確かにいい値段はしますね。
    正直に言うと、自分で購入していません。
    山を登る人で、働いていたときのお客様で使わないからくれるという人がいたので有難くもらい、ずっと愛用しています。
    その方とは連絡もとりあっています。

    ザックやGPSも高価な物ですね。
    私の旅を応援してくださっている方に購入していただきました。
    その方は私にとってとても大切な人で、今でもとても感謝しています。

    その他の物は私が働いている時に、生活がカツカツな中、地道に揃えていった物です。

    この何が不満かがよくわかりません。



    次に私が中傷の記事を書いた件について。

    無意識にその様な事を書いていたかもしれません。

    ですが、私は美味しくない物を美味しいとは言えません。
    汚い物を綺麗とは言えません。
    嫌いな人を好きとは言えません。


    このブログは偽らずに自分の思ったまま、やりたいままにやっています。

    以前も書きましたが、この私のスタイルを不快に思う方はいらっしゃると思います。
    ですが、私は私のまま、ありのまま、このままでやっていきます。
    すみません。



    ヒッチハイクで乗せてもらった方には、優しさをとても感じます。
    応援をしてくださる方がとても多いです。
    素直に嬉しいです。

    その優しさに対しての恩返しって、私が無事に旅を終える事だと思っています。
    勝手に自分が思っているだけなので他の人からしてみたら、自分が良かったらいいのかよと思うかもしれないです。
    応援してくださる方がいれば、批判してくださる方もいる。
    私にとってはどちらも有難い事です。

    こんな私にいちいち言葉をかけてくださってありがとうございます。
    このスタンスは崩れないですが、貴重な意見、ありがとうございます。


    そして周りもわかってるくらい、私は腹黒いのでずる賢く生き抜きます。
    低脳の私の唯一の才能だと思っています。
    人に何かをもらったり、応援されたりする事が多い、それが私の才能です。


    性格悪くてずる賢くて腹黒い、こんな性格を隠してブログやるなんてそんな事できません。
    むしろ、読者に失礼ですよね。

    私は私の視点でブログを書いています。
    やりたいようにやりたいからスポンサーも断りました。
    それなのに、思いのまま書けないのならブログなんてやりません。


    こんな批判ほっとけ!とも言われましたが、折角時間を割いて言葉を投げかけてくれているので色々と考えました。


    もう少し、自分の足でも頑張ってみます。







    ただ、胸を強調する程、無いのでそこは何かの間違いかと(^^;;
    恐ろしくまな板です、、、(;_;)






    こんな私でもめげます。
    少し、自重しますね。
    しばらくブログはお休みします。

    Category:北海道 | Comment(17) | Trackback(0) | top↑ |

    さくらの滝、神の子池

    2013.09.02 Mon
    この間午後が暇だったのでマスターに連れてってもらったのが、
    さくらの滝と神の子池です。



    さくらの滝




    わかるでしょうか?
    さくら鱒が昇ってるのが!!

    シーズン終わりという事ですくなかったですが、何匹か頑張っていました。


    ここは鮭を獲るために下の方で鮭がのぼらないように止めてあるので鱒しかのぼってませんでした。

    初めて見たので感動~!!


    それから神の子池も行きました!
    神の子池は行くかどうか迷ってたところなので行けてよかった~
    というか、無理矢理連れてってもらったところはありますが。笑








    ん~綺麗!
    でも、青森の青池の方が透明度高いような?

    斜里岳の竜神の池の方が神秘的だったからあんまり感動はなかったかな~

    オショロコマがたくさん泳いでいたから釣りたかった!笑





    そんな感じで今日は暇なのでだらだら~




    最近少しずつ考えが変わってきています。
    旅に出る前や、旅に出た当初は結婚も子供も考えられなかったけど、
    最近は、この素晴らしい景色を自分の子供にも見せてあげて、その子供にも、、、というように後世に素晴らしい景色や物事を伝えていきたいと思うようになり、結婚も考えるようになってきています。
    だからといって、旅人やめるつもりはないし世界は行きます。
    結婚や子供は機会があったらでいいです。

    理想は山が大好きで旅も好きで子供好きな人。
    子供ができても家族で世界中旅したりしたいなあ。


    と夢見がちになってきております。
    そんな良い人が自分なんか好きになる訳なかろうが!!

    そろそろ目を覚ましますね~\(^o^)/



    まあ、焦らずのんびり旅は続けます~
    その時は自然にくると思っているので。
    自分からはいけない臆病者です( ̄▽ ̄)





    こうやって考え方が少しずつ変わってゆくのも、また面白い。

    Category:北海道 | Comment(5) | Trackback(0) | top↑ |

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。