スポンサーサイト

    --.--.-- --
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

    10/19飯豊連邦縦走【御西小屋~弥平四郎登山口】

    2013.11.02 Sat
    朝5:00に起床。
    この時点で大日岳行くの諦めました。
    もう一泊本山小屋で泊まるなら行けたけど、
    翌日は天気悪くなるらしかったし、食料も微妙だったので
    今回は飯豊連邦最高峰だけ残してきました。
    まあ、また石転び沢からこっち側抜ける予定だし、いっか。

    あ!ちなみに御西小屋の水場雪で見つけられなかった。
    雪溶かしてなんとかなったけど。


    6:00に男性達より先に出発。

    飯豊本山が見える。




    少し心残りな大日岳を振り返り、



    絶対またくるからな、と呟き歩き始める。

    雪は夜の気温低下によって凍っていた。
    アイゼン使う程ではない。
    むしろ踏み抜かなくていいから幾らか楽だ。

    陽はのぼっているが雲に隠れている。



    まあ、このくらいが丁度いいのかも。
    昨日の照り返しで顔がヒリヒリするし、目も開けられないくらい痛い。

    御西小屋から本山の登りまではなだらか。

    いよいよ、飯豊本山が目の前に!!



    一歩一歩踏みしめる。
    ここに立つ為に頑張ってきたのだ。
    休む旅に後ろを振り返り歩いてきた道を眺める。

    そして、ついに、


    飯豊本山 2105m




    祠が埋まっているよー!!!
    荷物おろしてしばらく自分の世界に浸る。

    この写真にうつっているところを右側から歩いてきたのです。




    ちなみに飯豊本山山頂は福島県。
    御西を背にして左手が山形県、右手が新潟県。
    飯豊山の県境は地図で見ると異様な形にわかれている。




    何故このような形になっているかというと


    明治時代に、福島県の県庁所在地である福島市があまりにも北東部に偏りすぎているという理由から、県庁移転問題に発展した。この問題の解決は、福島県の西端の一部(東蒲原郡)を新潟県に移管する事で解決した。


    だそうだ。

    こうして福島県庁の移転問題は解決したものの、”飯豊山神社は福島県一ノ木村(現・山都町)にあるので、飯豊山山頂の奥の院も福島県のものである”と主張する福島県側と、飯豊山は古来より新潟県の山であり飯豊山神社も寒川村(現・阿賀町)の土地に鎮座していると主張する新潟県側とで県境紛争へと発展したという。
    この争いの打開のために、両県は内務大臣の裁定を仰ぐ事となる。その後、綿密な調査の結果福島県側の主張が通り、1907年(明治40年)に今の形”飯豊山神社とその境内、登山道は福島県一ノ木村(現・喜多方市山都町)に帰属する”になった。紛争勃発から20年後のことだ。



    この内容は↓の本に記載されているようだ。



    知らなかった! 驚いた! 日本全国「県境」の謎 (じっぴコンパクト)知らなかった! 驚いた! 日本全国「県境」の謎 (じっぴコンパクト)
    (2007/09/19)
    浅井 建爾

    商品詳細を見る




    そんなことで頼母木山から御西小屋までは新潟と山形の県境をずっと歩いてきて
    いつの間にか福島県を踏んでいるというわけ。
    なので、カテゴリは一応福島県。


    飯豊本山から、朝陽連邦と頭だけちょっと見える白くなった鳥海山が見えた。



    そんな感じでだらだらしていたら御西小屋で一緒だったおふた方に越される。
    本山から下ってすぐに本山小屋。



    何人か泊まっていたみたいだ。
    本山から先はトレースがしっかりついていた。
    弥平や大日杉から本山まで行く人は多いようだ。
    本山小屋から切合小屋までは岩稜を歩いたり、足場が悪い所だ多々あった。
    沢がジャンジャン湧いているところがあったので水分補給する。

    切合小屋



    ここは暗くて寒いときいた。

    種蒔山 1791m





    お~そろそろ雪がなくなってきたぞ~♪

    で、こんなはしごを下らせられて



    三国小屋



    この小屋から川入に本当なら下れるのだが、
    今年の七月の集中豪雨による河川増水で道路が流失したり被害が甚大だそうで
    復旧するのにはかなりの時間を要するみたいだ。




    その為、川入への道は通行止めになっていた。


    三国小屋から三国岳はぺって感じで。

    三国岳 1644m



    左手のこんもりが大日岳。



    ええ、もちろんこの稜線を歩いてきたのです。
    今日の朝、あっちにいたと思うと、ホントによく歩くよ自分...


    三国岳から後は大体下り。
    雪もなくなったので履いていたビニール袋をはずす(笑

    巻岩山経由で下山。



    落ち葉がふかふかで雪山から秋山へと下りてきました。


    途中ツアーの団体さんの追い越す。


    日本一周しているの?

    一人なの?

    えらいわねー

    等、元気に声をかけてくださる。
    長い団体列を先頭まで抜ける。
    一番前の女性ガイドさんと少し話しながら歩く。

    胎内から登ってきたと言うと、
    足が無いことを察してくださり、


    「補助席でもいいならツアーバスに乗せていこうか?」


    と言ってくださいました。
    お願いする事にして、下で待ってますと一言言い足早に下りる。



    下山もまあ、タイムコース通りといった感じ。
    まずまずかな?


    弥平四郎登山口到着!!




    終わったーーー!!とガッツポーズして、皆さんが下りてくる前に着替えたりなんやらしていたら
    ツアーバスの運転手さんが声をかけてきてくださり、しばしお話。

    30分以上してから皆さん下りてきました。
    ゆっくり植物や景色を楽しむのもまた、楽しそうだ。


    バスにお邪魔して道の駅西会津まで乗せてってもらいました。
    ガイドさんに名刺をいただいて住所を見たら、
    私が神奈川に住んでいた最寄駅の隣の駅でした!
    これも何かの縁だね~とほっこり♪
    とても素晴らしい経歴の持ち主で女性なのにパワフル!
    私もそんな風になりたい。


    バスから下りて、皆さんを手を振り見送る。
    また、いつかどこかの山で...
    ありがとうございました。


    道の駅から新潟方面へヒッチハイク。
    津川町まで女性が乗せて下さり、私がこういう旅をしているのでとても心配してくださいました。
    ありがとうございました。

    津川町から実家の近くまで、夜勤で新潟へ仕事に向かってる途中の男性に乗せてもらいました。
    車内では会話が途絶えず、応援して下さり、楽しかったです。
    ありがとうございました。



    ここで実家に戻り、しばらく滞在する事になります。
    小笠原諸島に渡る為の資金稼ぎで単発バイトをする為です。

    久しぶりのお風呂に浸かり、この夢のような飯豊連邦縦走を思い返した。



    にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
    にほんブログ村

    スポンサーサイト
    Category:福島県 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

    明月荘~西吾妻山、白布温泉へ下山

    2013.05.22 Wed
    AM4:00におきて準備して出発。
    連日の雪道で靴がビショビショで乾かないので冷たい。

    朝陽に感動。しばらく立ち止まる。


    西吾妻山方面の分岐は見つけられなかったけど、またもや勘で方角を決めて進む。
    運良く湿原にでる。

    湿原の木道をひたする歩く。
    朝陽の光が湿原の草を照らして黄金色に輝く。
    風の音だけ。
    この景色を一人占めしてしまって申し訳ない気持ちになった。
    みんなに見てもらいたい。
    こんなに素晴らしい景色があるんだぞ、と伝えたい。
    泣きそうになった。



    そこから、とりあえずピークを順に踏んで西吾妻山を目指した。
    振り返ると越えてきた山々が。



    人形石までたどりついた。


    ここからの景色が一番よかった。
    景色に見とれすぎて写真撮り忘れました(^_^;)
    気になる方は是非登ってください!

    そこから天狗岩等を通過して西吾妻山にとりかかる。
    とにかく一番高い所を目指して登る。
    が、頂上らしきところにはいるのだけど、標識がない。
    周りは木だらけで見晴らしはない。
    ひたすらウロウロして探すのだが、見つからない。

    ちらっと赤い標識らしきものが見えたのでそっちに向かおうとしたら、ベアベルの音が!!
    音がした方を見ると人が!!!
    久しぶりの人ーーー(;_;)思わず走ってしまいました。

    その男性は一人で来ていて、GPSを持っていたので頼りになる!と、思ったのですが、その方を標識見つけられずにいました。
    男性に、標識はどんな様子をしているか写真を見せてもらった。


    あーーーーー!!!!!
    さっき見かけた赤いヤツだ!!
    ってなってその方にいくと、、、





    あったーー!!やったー!!
    二人で歓喜しました。

    しかしわかりにくい。


    ホッとして下山。
    男性はグランデコの方から来たらしく、ピストンで帰るらしい。
    西吾妻避難小屋までご一緒して、休憩して色々お話しました。
    その方は、登山を始めてもうすぐ三年らしくて、毎日のように登山してるらしく、日本百名山の80いくつもの山を制覇しているそうです。
    夏までに百名山全部登る目標で、夏は北海道に行くらしく、私と同じ時期だったので、また会いましょうと固く握手して別れました。


    それからはひたすら下山。
    標識が多く迷いはしなかったです。
    途中、ニホンカモシカに会ったり、水芭蕉の群生地があったり楽しみました。


    長い長い山の生活が終わりました。
    今までで一番の達成感でした。



    Category:福島県 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

    家型避難小屋から東大癲経由、明月荘

    2013.05.21 Tue
    天気が回復したので家型避難小屋とはさよなら。
    片付けや掃除をして出発。
    少し寂しくなりました。

    朝陽を背に沢を登って、家型山へ。かなり強風でした。





    それから兵子に向かいました。リボンを見失い勘で進みました。



    なんとか兵子。



    鳥帽子山



    昭元山



    そっから東大癲にむかったんですが、登山道は埋まっていてどこが頂上かわからずしばらくウロウロ。



    諦めて明月荘に向かう事に。

    明月荘分岐も見つけられず、ここもまた地図と勘を頼りに進みました。
    なんとか明月荘に到着。



    明月荘は二階建で結構広いので寒かったです。
    二階の方があったかかったので二階でテントを組み立てその中で寝る事に。
    そうしたら大分寒さはしのげました。
    この日もインスタントラーメンでした。

    さすがに道迷いも多いし、一人でいる時間が長いので精神的にやられてました。
    身体も疲れきっていて泣きそうでした。

    当初の計画では、明月荘に荷物置いて西吾妻山に登って戻ってきて姥湯温泉に下りる予定でしたが、姥湯温泉のルートが不明確だったので変更して西吾妻山から白布温泉に下りる事に。

    無事に西吾妻山まで辿り着ける事を願いながら寝ました。

    Category:福島県 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

    吾妻山縦走 浄土平~東吾妻山~一切経山~家型避難小屋

    2013.05.19 Sun
    吾妻小屋で起床して、朝ごはんをいただき、お弁当もうけとりゆっくり8:00に出発。
    夫妻ともお別れです。

    歩いて浄土平に行き、いざ登山開始。


    とりあえず、酸ヶ平避難小屋に荷物を置いて身軽な格好で東吾妻山へ。




    山頂付近でリボンを見失いウロウロ。
    まあ、なんとか山頂に立ちましたが、雲が多かったです(^_^;)




    さっさと下山して酸ヶ平避難小屋に戻り、荷物を持って一切経山を目指します。



    ここまでは観光客等が多かったですが、この先は西吾妻山山頂まで誰一人として会わなかったです。

    雲っていて風もあったので五色沼はいまいち。


    次の日の天気が荒れる予報だったので家形避難小屋に停滞する事にしました。
    家型山分岐らへんから登山道をはずれて沢を下る。雪が一面にあるので滑ってくだる。


    だいぶ下ったところにかわいい家型避難小屋発見!!


    この小屋に二泊程お世話になりました。

    Category:福島県 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

    安達太良山縦走

    2013.05.18 Sat
    朝陽と共に起床。



    鼻歌うたいながら登山開始。
    余裕余裕ー♪
    途中で30分くらいの大休憩。
    青空の下、ぽけーっとした。
    再び登り始めると安達太良の乳房!!



    薬師岳を経て、それから先はかなり整備された登山道。
    歩きやすい。
    さくさくっと安達太良山山頂。




    またもや余裕ぶっこいて大休憩。
    次は鉄山へ向かう。
    火山ガスのせいで立ち入り禁止区域になってる方。


    鉄山までは余裕!!
    次、箕輪山です。
    登山道はぐちょぐちょ。歩きにくく体力を奪われる。
    が、まだ余裕は残っていた。
    そう、箕輪山山頂までは、、、



    その後の箕輪山から鬼面山の間が辛すぎた。
    登山道が雪解け水で河のようになっていて、何回も尻餅ついて泥だらけ。
    半泣きになりながら進むと、雪渓があり、しょげる。
    しかもその先の登り返しも辛くて、最後はガレ場でメンタルずたぼろ。

    ここを歩ってきました。


    最後のガレ場でペースダウンしてまだ先の頂上を見上げると人影が。
    ん?私の写真を撮ってる?
    ん?手、振ってる?
    とりあえず手、振り返しておくか。
    ん?あれ?え?
    昨日のおじさーーーーん!!!
    下山後、吾妻山方面まで行く足がないと困るだろうからって、野地温泉から登って鬼面山で待っててくれたらしい!!
    神!GOD!



    またまた一緒に下山して野地温泉口へ。
    浄土平の売店で豚汁とビールを奢ってくださり、しかも邪魔にならないお土産と言ってキーホルダーをくださりました!
    し、か、も!!!
    次の日から山小屋泊続くから、今日は吾妻小屋にお世話になりなさい、ご馳走するからと言ってくれて、吾妻小屋まで送ってくれて宿泊料金等払っていただきました(;_;)
    なんていい人なんだろう(;_;)
    硬い硬い握手を交わして、下山したら連絡する事を約束してさよなら。
    本当にありがとうございました。

    感謝してもしきれない程でした。

    Category:福島県 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。