スポンサーサイト

    --.--.-- --
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

    4/9 瑞牆山 28座目

    2014.04.17 Thu


    お待たせしましたー!!
    正真正銘山記事です!!
    今回は瑞牆山に行ってきました。
    小笠原から内地に戻ってきて二日目の早朝、瑞牆山荘駐車場から登り始めました。
    まだ若干薄暗い中登山道に入っていきます。

    いきなり熊注意の張り紙が…。



    この時期、もう熊は冬眠から覚めているものなのでしょうか?
    少しビクビクしながら進んでいきます。




    遠く朝陽で赤く染まる山々…。




    しばらく見とれて溜息、吐息…。

    富士見平までは階段だったり歩きやすい山道を進んでいきます。










    頂上付近が見えてきました。
    近いようで遠い。。。

    富士見平までの道にも雪はまだちらほら。



    水はじゃんじゃんでてました~。



    水場からすぐに、立派な富士見平小屋。




    ここはテン場もありま~す。
    この日は誰もいなかったみたい?


    富士見平から先は雪がまだ多く残っていました。




    一度沢に降りて沢を渡ります。
    そう、下った後は登りが待っています…(´Д`)




    こ~んなでっかい岩が木の枝で支えられてたり~




    矢印ついているしリボンもたくさんあったから迷う心配はないと思います。




    上のほうでも所々では地面が見えてました。




    岩の下を四つん這いになってくぐったり~




    下のほうで見えていた岩がこ~んなに近くまで!!!






    ここからはこの岩をまいて少し登れば頂上です!






    わ~、もうすぐだ~







    やった~頂上到着~!!!!

    日本百名山28座目【瑞牆山】登頂!







    誰もいない朝はやい瑞牆山頂上を独り占め。

    遠く南アルプスをはじめ、八ヶ岳や富士山、
    隣には金峰山が。











    風もあまりなく、ぽかぽか陽気だったので30分程のんびりしてから下山。

    登りはアイゼン使わなかったけど、下りは10本歯アイゼンを使用しておりました。
    まあ、6本歯でもいけるとは思います。



    登山口についたのは9:30前。
    約4時間15分程の行程でした。

    久々の山は、天気にも恵まれ最高でした!!!!
    やっぱり雪の残る季節はいいな~。


    次は残雪の赤岳日帰りピストン記事になりますのでお楽しみに~

    スポンサーサイト
    Category:山梨県 | Comment(9) | Trackback(0) | top↑ |

    日本三大桜【神代桜】

    2014.04.17 Thu

    さて、内地戻ってきて一発目いきますよー!!
    久々の山記事だーーーー!!!


    …の前に…、お花見に季節ということで山梨県は北杜市にある日本三大桜のうちの一つ、


    神代桜を見てきましたー(^^)/

    ちょうど満開の時だったらしく観光客もたくさんいました。
    去年の今頃は日本三大桜の三春の滝桜を見てたなあー。。。



    ついこの間、この旅初のヒッチハイクにのせてくださった方から久々にお電話もらいました。

    「滝桜を見てきてちょうど一年前にまこっちゃんと一緒にみたなあと思って電話したよ。」
    とのこと。
    この方に三春の滝桜に連れていってもらったのです。
    タイムリーで懐かしくて嬉しくて…。
    少し旅から離れていましたが、こういうのがあるからやっぱり旅っていいなぁと思う。
    ヒッチハイクは尚更色々な人と出会えるチャンスがあるからいいんです。


    が、しかーーーーーし!!!!

    残りの旅は、原付でびゅいーーーーーんと周っちゃいたいと思います!
    免許自体もっていなかったので思いついてすぐに原付免許とりにいきました。
    3回目でようやく合格(^3^)-☆
    初、免許証ーーー!!いえいいえい!
    時間がないのとこれからは山メインという事で自由に動ける方法をとりました。
    なので、これからはでっかいザック背負ったエイプに乗ってる山ガール見つけたら是非声をかけてやってください!




    と、話は戻りまして…えー神代桜ですね。

    神代桜とは…

    山梨県北杜市武川町山高の実相寺境内にあるエドヒガンザクラの老木である。国指定の天然記念物であり、天然記念物としての名称は山高神代ザクラ(やまたかじんだいざくら)である。樹齢は1800年とも2000年ともいわれる。
    同寺の境内には三大巨桜である三春滝桜(福島県三春町)、淡墨桜(岐阜県本巣市)から、それぞれの苗木が贈られ植樹されており、開花期には多くの見学者で賑わう。
    桜としては日本で最初に天然記念物に指定された。


    その神代桜ってのがこちら









    かなり年期を感じますね~
    周りの桜もキレイだし





    黄色とピンクのコントラストがいい感じ。



    と、見て回っていたらこんなものを発見!!




    滝桜の子孫だそうだ。
    なんだか、不思議な感じ。感慨深いものがありますね~。










    と、こんな感じで山の前の一服を終わります!笑

    次こそはほんとに山記事書きますね~笑

    Category:山梨県 | Comment(1) | Trackback(0) | top↑ |

    1/28 甲武信ヶ岳 27座目

    2014.02.03 Mon
    小笠原に帰ってきました~!
    いや~暑くて暑くて(^^;;
    寒いの苦手な私にとってこの季節のこの気温は天国!!


    寒いの苦手って言っときながら冬山はしっかり登ってますけどね*\(^o^)/*

    前日の大菩薩嶺に続き、連日登山、甲武信ヶ岳を目指します!

    串蔵さんを後にしてからある人物と合流する為に塩山駅で寝袋に包まりながら待機。

    深夜2:00は過ぎていたかな?
    塩山駅にて合流。
    久しぶりの再会。

    そのある人物とは、、、


    私にとっての山の先輩。
    色んな部分で尊敬する人、瀧川さんです!!

    瀧川さんとは予定が合えば月1のペースで一緒に登山をしていました。
    初めて会ったのは、お互い単独だった雲取山でした。
    下山時に一緒になり、色々お話をしながらの下山になりました。
    職業が同じだったので、休みも一緒。
    そして、とにかく瀧川さんはよく喋る。笑
    そのフレンドリーさと、山の知識、仕事の事もそうですし、尊敬に値しました。
    雲取山下山した後に、私の職場の先輩達もいるのにBBQに飛び入り参加するくらいフレンドリーな人です*\(^o^)/*笑

    瀧川さんに出会ってなかったら、私はこんなに人と積極的に話す事はできなかったと思います。
    瀧川さんに聞けばわかりますけど、昔は激しく人見知りで、人の目を見て話せなかったくらいです。(大抵の人は嘘だと言いますが笑)

    瀧川さんに出会って大きく自分を変える事ができ、尚且つ、山への姿勢や想い等も学ばせてもらった所もあります。
    本当に感謝です。



    と、瀧川さんの紹介はこのくらいにしておいて。笑


    塩山駅で瀧川さんと合流して、目指すは道の駅みとみ。

    今回、甲武信ヶ岳を登るルートは西沢渓谷から入り徳ちゃん新道を通ります。
    毎年、冬の甲武信ヶ岳のヤマレコを見ると道の駅みとみまでは凍結する事は少ないらしい。
    この日も道の駅みとみまではスムーズに行けました。
    去年も道の駅みとみまでは凍結なしでした!

    道の駅みとみについてちょろっと仮眠。
    6時くらいに起きて(この起きた時間を後で後悔する)準備万端にして朝飯食べて、西沢渓谷駐車場まで車を進める。

    スタッドレスだったし何ら問題なく駐車場まで行けました。
    駐車場に下りる坂道がちょっと凍結してました。


    7:00過ぎにスタート。
    このメンバーだといつも遅いスタートになってしまう笑

    西沢渓谷へと歩みを進めるとすぐにゲートがあります。



    このゲートを越えて車道歩きを20分程。
    道路はツルッと滑りますが、平坦だしアイゼン無しでも大丈夫。

    途中にあった滝。



    これ見て赤岳鉱泉行ってアイスクライミングしたいなあと思った。
    私が赤岳行く頃はまだギリギリやってるかな?

    立派なトイレ。



    しかし、冬季は使えません。
    トイレは道の駅みとみで済ませておきましょう。
    ちなみに道の駅みとみは夜間も電気ついていてトイレは暖房きいてるので旅人にとってありがたいです。


    楽しくおしゃべりしながら歩いているとすぐに西沢山荘に到着。



    これまた立派な山荘。
    この山荘を横目に徳ちゃん新道にとりつきます。



    最初は雪の上を歩くのが楽しくて楽しくて仕方なかったです。

    急な道も何のその!



    笑顔で乗り越えちゃいましょ~!

    気持ちのいい尾根歩き。



    かと思えば急登。



    この繰り返しです。
    徳ちゃん新道と近丸新道の分岐点までタイムコースは2時間半。
    変哲もない道をただひたすら登り続ける。

    トンネルだあ~






    なんて気分を誤魔化してみても内心、

    分岐点まだかよ、、、

    って感じでした。


    で、登り続けること、2:45分程。
    やっと分岐点だ~!!

    こっちが近丸新道



    こっちが私達が歩いてきた徳ちゃん新道




    いやあ~近丸新道でこなくてよかったー。
    かなり急だったよ、見た感じ(^^;;


    ちょっと一休み。
    この分岐点から、甲武信ヶ岳の手前の木賊山までまた2時間半かかります。
    なんだか、気が遠くなります。

    長い道のりだとわかっていたものの、こうも景色が見えないのと、お目当ての甲武信ヶ岳の姿がいつまでたっても見えないので滅入っちゃってました。

    泣き言なんて言ってられない。
    歩くしかない。

    先を急ぎます。



    ここから6本歯アイゼン装着。
    辛かった~。
    歩けども歩けども木賊山にはつかない。

    瀧川さんはまだ元気なご様子。笑



    でも、思いもよらぬラッセルに瀧川さんも苦戦。



    たぶん上の方だけ降ったんだろう。
    それでも瀧川さんのペースは速い。ついていけない。

    「がんばれ!もうちょい!ここまできたらイイもん見れるぞ!」

    と励ましの言葉をうけながら登る。
    頑張って登りきると






    わあ~ってなってるところ笑

    で、やっと破風山分岐



    ここから木賊山までの平坦な尾根歩きが地獄のようでした。



    これは下山時のだけど、トレース完全に消えてて膝上くらいのラッセルを強いられた。
    先頭は瀧川さんだったから私は幾分楽だった。
    瀧川さんはここでかなり体力消耗したようだ。

    ゆっくりゆっくり確実に歩を進め、やっと木賊山!



    そして、ここに来てようやくヤツの顔が見えました。





    うおー!!!こぶしーー!!!!

    と叫びました笑

    が、しかし、この木賊山から甲武信ヶ岳まだは一回下って、100m程登り返さなくてはなりません。
    終盤にきて登り返し、、、
    しかもこの時点でタイム的に厳しい状況。
    休んでる暇はない。
    休憩無しで登り返す。

    しかし、実はこの時点で私は既にオービーヒート!
    体力も何も残っていませんでした。
    けれど、力を振り絞って登り続ける。
    過呼吸になるんじゃないかってくらい息はあがるのに、足はあがらなくて、、、
    写真撮ってる余裕もなかった。

    頂上直下のケルンが目に入り、頂上の標識が見えた時は思わず涙。

    とりあえず無事甲武信ヶ岳登頂しました~。

    日本百名山27座目
    甲武信ヶ岳 2475m






    頂上は風が強くて、しかも時間もこの時13:00過ぎ。
    おにぎり一つ食べてすぐに下山開始。

    が、すぐに木賊山への登り返し。
    ここがかなり急でしんどかったけど、タイムを少しでも縮めるべく止まらず急ぐ。
    木賊山を過ぎてからも早足で下る。

    景色の見納め。



    ぐんぐん下る。
    無心で下る。
    陽もおちてきた。



    急げ急げ~。

    と、西沢山荘についたのは17:30頃でした。



    西沢山荘でアイゼンを外します。
    ここからゲートまでが行きの時よりも長く感じました。
    疲れてたからかな?

    駐車場についた時にはもう暗くなっていました。

    とりあえず車を走らせ、レンタカーなので車を返却し、恒例のお疲れ様パーティで焼肉食べました!

    やっぱり山の後は焼肉!と、ビール!笑



    瀧川さん、今回も運転や先導、ありがとうございました!
    久しぶりに一緒に登れてすごい楽しかったです!

    翌日、瀧川さんも私も身体がバキバキでした*\(^o^)/*笑


    今回の登山で反省点がいくつもありました。

    とりあえず、小笠原で体力作りと、体重を減らすのを目標にし、内地に戻ってきてもバンバン山に登れるようにしていきたいと思いました。


    小笠原引き上げて内地に戻ったら一番最初は瑞牆山から攻めていきます!

    また変哲もない小笠原ライフを綴る事になると思いますが、暇な時にでも覗いてくだされば嬉しい限りです(^ω^)


    にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
    にほんブログ村

    Category:山梨県 | Comment(1) | Trackback(0) | top↑ |

    1/27 大菩薩嶺登山

    2014.02.01 Sat
    や~っと本州の山記事かけるぞ~!
    張り切っていきましょう!


    今回は日本百名山のうちの一つ、
    大菩薩嶺に単独で登ってきました。

    一応2000m越えてるのでアイゼン、ピッケル持って冬装備*\(^o^)/*


    始発で一時間半揺られて塩山駅に到着!




    塩山駅南口から大菩薩嶺登山口までバスが出ています。

    大菩薩嶺バス時刻表

    所要時間は25分程。
    片道300円。
    4月下旬頃まで上日川峠まで冬季通行止の為、バスは大菩薩嶺登山口までしか行きません。
    夏季は上日川峠までバスが通るので、2000m越えにしては簡単にピークに立ててしまう。
    冬季はこの通行止区間を徒歩で歩かなくてはならない。


    大菩薩嶺登山口バス停に降り立つ。
    降車した登山客は私の他に4名程。
    バス停から通行止のゲートのすぐ手前の丸川峠分岐の駐車場まで歩く。



    ここまでならマイカーで来ることができます。
    何台か止まっていた。
    駐車場の路面は凍結していました。
    初っ端からつるんといってしまった。笑




    このゲートの先をずっと歩けば上日川峠へと行けます。

    今回のルートはこちら↓



    丸川峠経由で大菩薩嶺、大菩薩峠から上日川峠へ行き、丸川峠分岐まで戻るというグルっと一周してきました。

    またスタートの丸川峠分岐まで戻ってくるので余計な荷物を駐車場にあるベンチに置いていく事に。



    天気は晴天で雨は降らなそうだったけど、一応ザックカバーをかけておく。

    さて軽身になって出発♪

    駐車場の奥に登山道がのびています。



    少し歩くと尾根にとりつきます。



    最初から雪あるし、上の方はかなり積もってるんだろうなあと思いながら歩みを進め続けました。

    が、しかし、尾根上はというと





    日当たりが良いせいか雪はなくて歩きやすい!
    気持ちのいい尾根歩きでした。
    所々雪がありましたが、アイゼンをつける程ではなく、むしろ岩が露出してる所が多かったのでつけない方がいいかも。

    チラッと横を見ると木の間から、、、




    富士山。





    尾根歩きが終わり、丸川峠付近になってくると急に雪の量が多くなってきた。



    でも、フカフカでトレースもあったのでアイゼンはつけなかった。

    歩きやすい雪の道を



    誰かがつくったプチ雪だるまを見つけほっこりした気持ちになりながら歩く。




    木枯らしと青空と雪。
    いいなあ~こういうの。




    雪キレイだから昨晩降ったのかな?


    丸川山荘に到着!



    営業はしていません。
    雪に半分埋まってるベンチで一休みしてから大菩薩嶺へと向かいます。



    丸川山荘から先は雪が深く2人分の足跡しかなく、少し大変でした。

    でも、林道に入れば少し楽に。



    景色のない中歩き続けてやっと頂上が見えました。




    3時間半で頂上に到着!

    日本百名山、26座目
    大菩薩嶺 2057m




    頂上は展望がないので先に進みます。



    雷岩を経て大菩薩峠へ。

    すぐに雷岩につきました。



    正面には富士山。



    右手にはアルプス



    風は強かったけど、空気が澄んでいて遠くまでよくみえました。
    やっぱり富士山ってかっこいい、、、






    富士山を眺めながら歩を進める。
    一度少し下ると、賽の河原に。



    大菩薩峠の所にも山小屋があります。



    ここからひたすら下ります。

    大菩薩には山小屋がとても多かったです。

    大菩薩峠から上日川峠までで4つはあったかな?





    この富士見小屋は良さそうだなあ。





    埋まっちゃってるけどブランコあるし。
    夏とか、富士山に向かってブランコこいだりしたら気持ちいいだろうなあー
    ハイジになれるんだろうなあー!


    とか考えてたら福ちゃん荘につきました。



    ちなみに山小屋は全部営業していませんでした。

    福ちゃん荘から下ってすぐに上日川峠につきました。



    立派な長兵衛ロッヂ。

    夏は皆ここから登り始めます。

    さてこれで終わりではなく、丸川峠分岐まで長い長い下りが待ってました。

    道路を歩くのではなく、脇の山道を歩きます。
    体力に余裕なさすぎて写真とってないですけど、所々凍結してたので慎重に下りました。

    ちなみに今回、一度もアイゼンはつけなかったです!!
    でも、下りはつけた方がもっと早く下れてたかも?
    靴が新しかったから足が少し痛かったのと、久しぶりの山登りでかなり足にきていました。


    ゲートが見えた時に安堵。

    ささっと荷物回収して大菩薩嶺登山口バス停まで歩きます。
    バスの時間まで一時間半以上待ちました。
    周りのお店はどこもやっていなくて外で震えながら待ってました。

    バスが来てやっとあったまると思ったのにバスの中も寒くて塩山駅についたら速攻駅前のお店に入ったあったかい蕎麦を食べてストーブの前であったまってました。

    で、山の後はどうしてもビールが飲みたいので塩山駅近くの飲み屋さんに入る事に。
    もう、眠くて頭フラフラしてたけどビールはかかせない!

    塩山駅南口にある串蔵さんにお邪魔しました。


    でっかいザックに日本一周の看板、珍しかったのか色々質問等されました。

    で、気さくなマスター(しかもイイ男)が今日寝るところあるの?と聞かれ、駅とかで寝ようと思ってます。と答えたら、奥の座敷で寝てっていいよ~とのお言葉!

    お言葉に甘えて仮眠させていただきました!

    お店が終わる頃に起こしてくださり、餞別にと焼きそばとバイトの女の子からもホッカイロ等いただきました。



    しかも、食事のお代もいらないと神様的な発言!!

    久々の旅の中での人の優しさに触れてもう涙が溢れそうでした。

    ありがとうございました。

    また必ず来ますと、硬い握手をしてお店を後にしました。


    本当にありがとうございました。





    人の優しさが疲れた身体に沁みて、癒され、私をまた山へと連れていってくれる。
    ありがたいです。

    私の癒しは山だけではないんなあと、思うようになりました。

    にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
    にほんブログ村

    Category:山梨県 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。