スポンサーサイト

    --.--.-- --
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

    再スタート!先ずは、愛知県へ!

    2013.11.08 Fri
    はい!再スタートしました!
    久しぶりに重装備を背負い、ショルダーが肩に食い込む感覚、懐かしい!!


    色々服とかも替えて、いらない物置いてきたのでなんかザック小さくなった気が!!
    いや、べーすけさんにいただいたシュラフがコンパクトになるからに違いない!
    いやぁ、本当に感謝感激です!


    それで、靴をですね、どうするか迷って、、、
    結果やっぱりランニングシューズ持ってきました。
    だって、登山靴こんなんなんだもの、、↓












    これは流石に無しなのでしばらく本格登山しないから、ランニングシューズで;^_^A
    小笠原諸島から帰ってきたら東京で靴を買うつもりです!
    もう、登山用品が色々ガタきてるので買い替えや買い足しの為に小笠原諸島でアルバイトしてきますねー!
    まあ、それだけが理由じゃないですが。笑




    昼過ぎに実家出て、ヒッチハイクで長岡まで!
    ありがとうございました!


    長岡のインター前で降ろしてもらい、早速関東方面をかかげてしばらく立ってました。
    長岡についた時間も時間だったのか2時間程立っててもダメでした。
    暗くなってきて外にいるのも辛い気温になってきたので諦めて高速バスの待合室に泊まりました。


    屋根もドアもあるし、電気もついてるしベンチで何とか寝れました!

    ただ、新潟ももうかなりの寒さです。
    来週には雪予報ですからね(・・;)


    風邪だけはひかないようにしないと...


    このペースで明日はどこまでゆけるのか!?




    にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
    にほんブログ村

    スポンサーサイト
    Category:新潟県 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

    10/30弥彦山登山

    2013.11.02 Sat
    まあ、いきなり飛んで申し訳ないんですけど、
    何しろ実家にいてる間、何もしないか、バイトしてるかなので
    書くネタがないのです。

    バイトって言っても日雇いだし、印刷会社でひたすら紙の補充したりな感じです。


    その合間をぬってこの間、Jと弥彦山に登りに行きました。

    前から約束してたんですよね~
    旅出る前から登山っていうか、ピクニックしようって話してて
    ようやっと実現できました~。


    朝3:30に起きてお弁当作った!

    6:00くらいに迎えにきてくれて弥彦に出発!
    天気は雨...

    駐車場について準備していざ登山!



    すぐに小屋があって水が出ていたので一口。



    ん、生き返った。
    ゆるゆる登山でお話しながら楽しかった~。

    少し休憩していると、後から年配の人がくる。
    みんな傘をさしていた。




    Jいわく、弥彦山はみんな傘持参らしい(笑


    え~そんな馬鹿な!


    って最初は信じてなかったけど、
    上の方で追い越した人も下山してくる人もやっぱりみんな傘さしていた(笑
    しかも、若い男の子も折りたたみ傘もってたし(笑

    なんか、色々山登ってきたけど、
    低山も登ったりしてきたけど、
    みんな傘って初めてかもしれない。
    軽くカルチャーショックうけた(笑




    雨も強くなってきて、登山道もぐちゃぐちゃ。
    山頂手前の屋根の下で雨宿り兼休憩。


    していると、もう本当にすぐそこに雷落ちて叫んだ。
    まじでビビった!

    小走りで、身をかがめて山頂の祠?のところまで。




    J、うずくまってる(笑


    いや、笑い事じゃなくて、まじでこわかった。
    いつ落ちてくるかわかんないし、雷ってなめてたけど山の上だとこわい。



    で、弥彦山 634m




    山頂ランチのはずだったけど、そんな事できるわけもなく早々に下山開始。

    下りはノンストップで。
    登山道が大雨のせいで川と化していた(笑
    もう、じゃぶじゃぶ歩くしかなかった。

    途中の景色。



    雨凄すぎて、iPhone出して写真撮る事できなくて写真少ないです...

    途中で霰も降り出して、大笑い!
    笑うしかない!てか、楽しい!


    ちなみに弥彦山はロープウェイがあって9合目まで行けちゃいますよ~。


    ジャケットの撥水性がなくて中までびちょびちょ(笑
    iPhoneもびちょぬれ~
    そのおかげで一時通話不可能になってたくらい(^_^;)


    駐車場までさくさく下りて着替えて車に乗り込む。

    お腹すいたね~と東屋がある、よさそうな公園を見つけてそこでランチ♪
    左潟公園というところ。



    ドキドキしながらお弁当を広げる。









    じゃじゃ~ん!




    結構頑張りました!
    料理得意じゃないんでね~(^_^;)
    でも、美味しい、幸せと言ってもりもり食べてくれたので良かった!!
    完食して少しのんびりお話して帰路につきました。


    Jと一緒に山に登頂するのは初で、
    大雨、霰、雷でひどかったけど終始楽しかった!
    弥彦山に連れていってくれてありがとうございました!
    また一緒に山に登りましょう、必ず。


    低山でも景色見れなくても楽しいし、
    山なら何でもいいんだな~♪



    さて、そろそろ実家出発して関東に向かう事にします。
    来月から小笠原諸島ライフ!
    小笠原の山はもちろん、海も星も全部楽しんできます(^O^)



    にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
    にほんブログ村

    Category:新潟県 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

    10/18飯豊連邦縦走【頼母木小屋~御西小屋】

    2013.11.02 Sat
    朝5:00に起床。
    激寒の中、外に出てみると

    朝焼け




    天気はよさそうだ。

    が、しかし雪は完全に残っている。
    ランニングシューズは防水じゃないし靴下濡れると凍傷になりかねないので
    靴下→厚手靴下→ビニール袋→靴
    という感じにしてはきました。


    テントたたんだり、パンかじったりして6:00に出発。
    大分明るくなった。



    先ずは頼母木山を目指す。




    頼母木山 1730m





    う~ん、朝陽に染まる白い山々...
    あぁ...吐息が...胸が熱くなってどうしようもない気持ちになる。
    恋をしている時のような切ないような嬉しいような...
    思い出すだけで鼓動がはやまるのがわかる。


    一人分の足跡がずっと続いている。
    昨日雪降る中移動した人がいたんだろう。

    それでも、ふきだまりの所とかは足跡消えているし
    所々、膝まで埋まる場所もある。

    地神北峰 1800m



    風が強くて、立派な海老の尻尾が



    地神山頂 1850m



    今日歩く方向を見ると気が遠くなった。



    胎内山 1890m



    門内岳 1887m




    門内岳の手前に門内小屋がある。
    写真は撮ってないが、作りも料金等も頼母木小屋と全く一緒だった。

    門内岳から北股岳までの登りが結構つらかった。
    雪だから尚更しんどい。
    急だからラッセルしながら登ったり、
    前の人の足跡踏んでいくのも男性の歩幅に合わせるとかなりしんどい。
    かと言って新たに自分で踏み抜いても疲れる。
    もう、疲れるしかない。

    少し低い山は雪は無いみたい。



    北股岳 2024m



    この写真結構お気に入り。
    なんかすごい神秘的な感じ。

    歩いて来た道を振り返る。



    ぐ~っと下がって梅花皮小屋





    の間に、左手に石転び沢を見る。
    雪渓は崩壊していて、とても今の時期は登れそうもない。
    いつかまた飯豊にくる時は絶対ここから登る。

    と、石転び沢について少し説明しましょう!

    石転び沢は名前の通り、落石が多い。
    そこら中に落石した石が転がっている。
    タイムコースとしは、登山口から石転びの出会いまで約3時間。
    石転びの出会いから梅花皮小屋のある稜線まで出るのが4時間20分。
    崩壊、落石、濃霧を発生させる為、事故が少なくない。
    石転びの出会いから梅花皮小屋まで約4km、標高差は約1000m。
    斜度は上部では40度になるところもある。
    夏でもアイゼン、ピッケルは必須と書いてある。
    もろくなっている雪渓を避けながらルートをとり、
    常に左右頭上に目を配り、落石に注意をする事。

    画像はひろってきたやつですが。






    山と高原の地図には時期によっての雪渓の変化をまとめたものが載っている。



    但し、悪魔で参考までに。
    年によって、クラック(割れ目)等もあるそう。

    いつかここから登るのが夢です。


    話は戻して(笑
    梅花皮小屋はとても広く綺麗でした。



    ここで少し休憩。
    小屋から梅花皮岳まではすぐ。

    梅花皮岳 2000m



    景色はとにかく最高で、何よりの救いになる。




    で、少し頑張って
    鳥帽子岳 2017m



    鳥帽子岳からこの日の目的地の御西小屋まで3時間。
    ここまででもう6時間は歩いていたので、そろそろ雪にうんざりしていた。

    御手洗ノ池



    凍ってますね...
    日差しはかなり強かったが、気温が低い為雪も全然溶ける気配がない。


    少し遠くに目をやると



    わかりますかね?



    下は緑、中腹は紅葉、上部は雪というなんともまあ、贅沢な景色。
    紅葉を見に来たのだが、期待以上。
    いい時に山に入ったな、と思った。


    2時間くらい歩いた時に天狗の庭が現る。






    前方右側には、飯豊連邦最高峰の大日岳がずぐそこに。



    そして、目的地の御西小屋に到着。



    タイムコース通りだった...
    やっぱり、雪は時間かかるなあ...

    小屋には先客で二人組の男性が。
    荷物を降ろして一息つき、時間を見てこれから大日岳に行くか考える。

    御西小屋から大日岳まで往復で3時間40分。
    今時、15:00。確実に陽が暮れる。
    空身でいけば幾分短縮はできるだろうが、何しろ雪道だ。
    短縮できてもたかが知れている程度だろう。
    ヘッ電持っていけばなんとかなるが、トレースもついていないようだったし不安なので無し。
    大人しくしている事に。


    靴を脱ぐと、まあ、びちょぬれとまではいかないが
    蒸れてなのか、靴下も濡れていた。
    濡れている物は干して、とりあえずラーメンを食べた。

    どんどん外が赤くなっていき、もうすぐ落ちる~って時。



    大日岳と夕陽

    あ~頑張ってよかった。
    と、今日の疲れもブッ飛ぶ。
    まだ明るいのに、月がはっきりみえた。



    小屋に戻り、男性達にお誘いをうけたのでお邪魔して宴会。
    もう、明日下山で荷物軽くしたいからと
    ビール、ワイン、ウイスキー、おつまみ等たくさんいただきました!
    山の話だけで何時間もお酒が飲める。
    とっても楽しくて愉快な時間を過ごさせてもらいました。
    飯豊最後の夜には最高でした!
    ごちそうさまでした!


    真っ暗になって、外に出ると夜景が綺麗だった。
    iPhoneでは夜景を綺麗に撮る事ができないので残念...
    山に登っていると良いカメラ欲しいなあと思う。


    20:00くらいにお開きにして就寝。
    翌日明るくなる前に起きて大日岳ピストンしようか迷いながら眠りについた。
    お酒のおかげか体がポカポカしてよく眠れた。


    にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
    にほんブログ村

    Category:新潟県 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

    10/16、17飯豊連邦縦走【頼母木小屋停滞】

    2013.11.01 Fri
    この日と翌日と2日間台風により停滞してましたので
    内容はうすーいものになります(^_^;)



    いつも持っているノートにも日記的な事を書いているのですが
    その時に書いたものを参考に記憶を蘇らせます。




    "ただいま16:00。
    一日中毛布にくるまっていた。
    外は暴風雨、静まる気配は全くない。"



    って日記に書いてある。

    朝7:00頃に目覚めてから毛布の中でボーっとしたり、
    何時間も地図眺めたり、本読んだり...。

    本は植村直己の「青春を山にかけて」
    ベタですね(笑

    半日で読み終わってしまった。
    でも、動けない時に冒険系の本は読むべきではないな。
    すぐにでも動き出したくなった。
    もどかしくてもどかしくて...


    はやく世界にも行きたくなった。

    なんて考えてたら眠ってしまっていた。


    翌日の朝、寒くて寒くて目が覚めた。
    天気回復しているかどうか確認する為に外へ出る。
    ドアを開けた瞬間、別世界にいるんじゃないかと目を疑った。




    だって、



    だってだってだって...







    なんじゃこりゃー!!!!
    って叫びましたとも。
    そりゃそうなるでしょ。
    もう、笑うしかないでしょ。


    雪って!!!
    積雪って!!!!
    そんなんこれっぽちも考えてなかったよおおおおー!!


    でも、不思議なもんですね。
    雪見るとテンションあがる。

    午後から天気回復するらしかったから、移動しようかなと思ったけど
    今回ランニングシューズで来たから雪降る中行動はできないのでもう一日停滞決定。

    寒くて目覚めるのも納得だよね、雪だもん。
    寒すぎて小屋の中にテント張って毛布詰め込んでホッカイロ何個も使った。
    ウイスキー昼間から飲んで体あっためてた。


    この時にブログの批判読んだんだけど、
    不思議だねえ...山の中にいると落ち込まない。

    いや、ショックだし傷つくけど、
    それでも受け止めて前向きになれる。
    山にいてよかった。


    布団から出ることができずこの日は終了。


    にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
    にほんブログ村

    Category:新潟県 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

    10/15飯豊連邦縦走【松の足登山口~頼母木小屋】

    2013.10.31 Thu
    おまたせしました!
    いよいよ飯豊連邦にアタックします!


    早朝4:00に起床してまだ暗い中結露しているテントをたたむ。
    5:20頃出発。
    5分程歩くといきなりこんなだよ...



    最初から最後まで急登続きとは聞いていたが
    朝一からこれはかなりきついっす...

    でも、辛いし苦しいけど足は前に進むんだなあ

    前っていうか、先が見えないくらい急です。

    ロープもあったり、



    こんな急登が続く、続く...
    荷物が重くて足があがらない。
    ゆっくりでいいから一歩一歩しっかりと歩く。


    何故このコースが松の足尾根という名なのか、至極納得。
    松の足(根)だらけだからだ。
    ごめんなさいと思いながら松の根を踏んで歩く。

    滝見場






    英三ノ峰





    あの高いところが西ノ峰。
    あの後ろに大石山が隠れている。

    ここらへんで後ろから来たご夫婦に越される。
    それでも自分のペースはくずさない。

    水場分岐




    ここの水場は登山道からかなり遠いらしい。


    西ノ峰が大分近づいた。



    イチジ峰



    もうちょいで西ノ峰だ。
    もう大分へばってたけど踏ん張る。


    西ノ峰到着!



    ここから大石山は五分くらいでつく。


    大石山 1562m



    右手が本山に続く縦走路。



    左手は杁差岳。



    杁差岳も二百名山に数えられています。
    折角なので杁差岳にも登ります。
    通常タイムだと大石山から往復3時間。
    大石山に荷物を置いて空身でピストン。

    せっせと歩いていたら、タカネナデシコ発見!
    控えめに咲いていました。



    大石山と杁差岳の間に鉾立峰 1573m



    杁差岳へは距離はそんなに無いがアップダウンが多い。


    立派な杁差岳避難小屋






    中も綺麗で薄いけど毛布も何枚かあった。

    小屋から頂上は直ぐ。


    杁差岳 1636m 





    眺めは良い。
    ↓の写真に写っているところより向こうに行くのです。




    大石山に戻ると往復2時間程だった。
    荷物を回収して今日の目的地の頼母木小屋へと向かう。




    ここは前日に小屋終いしたので管理人はいないが避難小屋として開放してある。
    炊事場もあり、管理人在中期間は水がひいてある。




    この時はもう水は止められていた。
    が、親切に白いタンクに水が汲んであり、汲ん日にちも書いてくれている。
    でも、まあ、それ使うのも気がひけたので自分で水場までいき汲んできました。
    水場まではそんなに距離は無いと思う?
    5分とかかな?
    沢から冷たくて美味しい水がジャンジャン湧き出てました。

    北海道と違って本州はそのまま飲めるからイイ!!



    小屋に戻って自分の家のようにくつろぐ。



    翌日は台風なので落ち着くまで停滞します。
    こんな日に山に入る人はいないみたいで誰も来なかった。


    とりあえず山に乾杯!



    まあ、ビール3本にウイスキーとか積んでたらそりゃ重いわな!笑
    でも、どんなに重くてもこれだけは絶対外せない!

    ちびちび飲んでいたら




    もくもくと雲が湧いてきて風も強くなってきた。

    いよいよ台風ですか。
    中に避難してパスタ食べて、ウイスキーを飲んでってやってたら暗くなってきたので就寝。


    ちなみに頼母木小屋には毛布があります。
    三枚くらい使ってぬくぬくしてました。
    疲れていたからなのか、酒のおかげか、
    驚く程寝つきがよかったなあ。


    次の日から二日間ここに停滞です。

    にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
    にほんブログ村

    Category:新潟県 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。